風力発電投資・風力発電ビジネスの仕組みとは?

風力発電投資の際には、仕組みをついて把握しておくことが大切です。では、風力発電投資はどのような仕組みになっているのでしょうか?

1.風力発電と投資ビジネス

風力発電投資の場合は、太陽光発電と違って大規模なビジネスになります。そのため、従来は風力発電を作る場合には国が支援していました。しかし、ヨーロッパやアメリカの場合には、新しい時代にすでに入っています。

つまり、民間のお金を使って風力発電投資を行っています。世界においては、非常に多くの投資資金が使われています。投資する場合に、魅力があるビジネスはキャッシュを安定して長期にわたって生み、儲けがあるものです。

世の中では電気は間違いなく将来にわたって必要であり、大きく電気料金が安くなるリスクもあまりなく、投資する場合に売電ビジネスは魅力があるものです。しかも、近年、投資する人は、投資するところとして社会的に価値があるビジネスを選ぶ傾向があり、売電ビジネスはますます投資するところとして魅力があるものになっています。

風力発電投資ビジネスの仕組みと利回りについての説明画像1

風力発電ビジネスの証券化

風力発電ビジネスで大規模な資金を入手するためには、証券化が使われています。証券化というのは、資金をプロジェクトごとに入手する方法です。発電ビジネスを行っている企業とは違った特別目的会社を潰れるリスクを無くすために作って、発電ビジネスをこの会社が行います。

このようにすると、発電ビジネスを行う会社が万一潰れた場合でも、投資する人は心配しないで発電ビジネスからの儲けが期待できます。発電ビジネスを行う会社としては、ビジネスを行っている会社以外に、投資銀行やファンド、商社が資金を出して、少ない自己資金で大型の発電ビジネスを銀行がさらにシンジケートローンを組んで行います。このため、年間のキャッシュフローに対して何倍もの大きな資金を入手することができます。

風力発電はなかなか伸びなかった

日本において、設置が割合簡単な太陽光発電は固定買取価格制度がスタートすると同時に多くなってきましたが、なかなか風力発電は伸びませんでした。この要因としては、立地の制限、プロジェクトの規模、投資の規模などがあります。

ビジネス会社が風力発電を企業の社会的責任の一環で作ろうとしても、風力発電に適したところが会社内にほとんどなく、あった場合でも投資額が膨大になるためリスクが取れない状態になりがちです。

実際に、ヨーロッパやアメリカのようにエネルギーについてサステナビリティに多くと取り組んでいる場合でも、ビジネス会社が風力発電を自社内に作る場合は非常に少なく、やっとアメリカの大手のスーパーのチェーンなどが風力発電を大規模なお店に作っているくらいです。

一方、100%の自然エネルギーでビジネスを行うことを目指している企業は、電力を風力発電から積極的に買っています。

風力発電は発電コストが安い

自然エネルギーの中においても、風力発電が特に着目されているのは、発電コストが安いためです。風力発電は、発電コストが太陽光などに比べて非常に安く、立地がいい場合は火力発電と同じくらいです。

ヨーロッパの場合には、風力発電の発電コストが、化石燃料の場合よりも安くなっているところもあります。エネルギーのサステナビリティをアップするためには、風力発電はいい資本効率であるため必要です。

2.風力発電は投資に適しているのか?

風力発電の発電方法は、プロペラの回転エネルギーを利用したものです。つまり、発電機に回転エネルギーが伝わることによって発電します。では、風力発電は、投資に適しているのでしょうか

実は、風力発電は投資に最も適しているものです。というのは、国が東日本大震災が起きてから、自然エネルギーでの発電をサポートしているためです。東日本大震災が起きた直後に、太陽光発電での売電が盛り上がりました。現在、風力発電の場合の買取価格は、太陽光発電のものより非常に高くなっているためです。

風力発電を作る費用や年間のメンテナンス費などを考慮しても、平均的な風力発電投資の利回りは良く、現在着目されている投資方法と言えます。

風力発電投資ビジネスの仕組みと利回りについての説明画像2

風力発電投資のメリット

風力発電の場合にはメリットがいろいろあります。風であるためエネルギー源が非常に多くある、環境に対して優しい、1日中運転できる、陸上でも水上でも作ることができる、高い発電効率、などいろいろメリットがあります。一方、風力発電の場合には注意することもあります。

発電量が風の強さで変動する、設備が台風などの災害で壊れる恐れもあり得る、作るところ探すのが困難である、などの注意が必要です。しかし、風力発電の場合には先にご紹介した多くのメリットがあるため、風力発電を十分に把握すると、上手く投資もできるでしょう。

風力発電の投資利回り

では、風力発電投資の利回りはどうなのでしょうか?ここでは、風力発電投資の利回りに関して、買取期間や買取価格などから見ていきましょう。平成28年度(2016年4月~2017年3月)での風力発電の買取期間・買取価格は、設備が20kW以上の場合は、買取期間が20年間で、買取価格が1kWあたり22円、設備が20kW未満の場合は、買取期間が20年間で、買取価格が1kWあたり55円になっています。

着実すべきことは、風力発電の設備が20kw未満の場合は、20年間1kwあたり55円で買取してくれることです。10kw未満の太陽光発電の場合とよく比べられますが、太陽光発電の買取期間は10年で、買取価格は1kwあたり27円になっています。そのため、買取条件では、少なくとも風力発電の方が非常に有利になっています。

しかし、儲けは売上から費用を引いて計算されます。風力発電の費用が高いと意味が全くありません。では、風力発電の費用はどのようになっているのでしょうか?風力発電を作る費用は1kWあたり22万円で、1年間のメンテナンス費は1kWあたり0.6万円です。このような条件をベースにして平均の利回りを算出すると、だいたい10%程度になると考えられています。いい条件の年には、20%近くの年利になる場合もあるでしょう。

風力発電投資ビジネスの仕組みと利回りについての説明画像3

今後は風力発電を作る費用も下がる

風力発電は、作るための費用がまだ高いことは事実でしょう。作るためのイニシャルコストを回収するためには、10年は必要であるとも言われています。また、風力発電の場合は回転エネルギーを電気エネルギーに変換するシステムであるため、この回転エネルギーによって常に負荷が設備にかかっている状況です。

そのため、故障するリスクは、太陽光発電に比較すると少なくとも高いでしょう。考えていなかったようなメンテナンス費用や修理費用が、掛かることもありえます。

しかし、特に、小型の風力発電のマーケットは、近年スタートしており、これから急激に拡大すると考えられていると言ってもいいでしょう。まだ、今から風力発電のメーカーなどがお互いに本格的に競争するでしょう。普通に考えると、作る費用が今からは下がってきて、メンテナンス費も低下することが考えられます。

なお、賃貸タイプや分譲販売タイプの風力発電が、近年出てきています。風力発電の将来的な見通しが心配な場合には、このようなものをまずは利用してみるのもいいでしょう。

4.風力発電投資と株式投資の違い

株式投資は行っているかどうかに関係なく、名前程度は聞いたことがあるのではないでしょうか。ここでは、株式投資のメリットとデメリット、想定利回りと、風力発電投資との比較についてご紹介しましょう。

株式投資のメリットとデメリット

株式投資というのは、株式会社が出している株式を買ったり、売ったりするものです。株式を買った人は株主になり、会社の儲けによって配当金が株主に払われる場合があります。また、株式を売る際の株価によって、儲けたり、損したりします。

株式投資は、会社の儲けによって配当金がもらえる以外に、株価が高くなって売ると売却益が獲得できる場合があります。株価が考えていなかったくらい高くなる場合もあり、大金が獲得できるのがメリットです。

一方、株式投資は、会社の方針や儲けによっては、配当金がもらえない場合もあります。また、売った際に株価が下がっていると損になります。考えてもみなかったほど株価が下がって、非常に大きな損をする場合もあります。

風力発電投資ビジネスの仕組みと利回りについての説明画像4

株式投資の想定利回り

株式投資は、全く利回りが想定できないことが特徴です。多くの場合は5%くらいの利回りと紹介されていますが、株価の変動によって決まるため利回りは想定できません。

株式投資と風力発電投資の比較

株式投資と風力発電投資を比較した場合、株式投資は大金が獲得できるメリットがあり、風力発電投資は収益が安定していることがメリットです。では、風力発電投資は、株式投資のようなデメリットはないのでしょうか?風力発電投資は、不確実な自然エネルギーに対する投資です。そのため、厳密に儲けや損を想定できません。

しかし、一般的には、考えてもみなかったような大きな損や、儲けを全く想定できない、株式投資のようなことは想定しにくいでしょう。

では、想定利回りを比較した場合にはどうなのでしょうか?株式投資の想定利回りははっきりしませんが、仮によく言われる5%としましょう。一方、風力発電投資の想定利回りは、数年分平均すると10%くらいで、単年の場合には20%弱のこともあります。

さらに、国による優遇税制措置や、助成金・補助金などの地方自治体が準備しているものも利用できるため、実際にはその分利回りは高くなります。

5.まとめ

風力発電投資の際には、どのような仕組みになっているか把握しておくことが大切です。そのため、ここでご紹介した、風力発電と投資ビジネス、風力発電は投資に適しているのか、風力発電投資と株式投資の違い、などについても十分に把握しておきましょう。

投資家様の強い要望もあり、会員登録された方のみに非公開案件をご紹介します。
ご興味のある方は今すぐ会員登録フォームにお進みください。

※案件が発掘され次第のご紹介になります。

風力発電投資・風力発電ビジネスの仕組みとは?についてに関するその他のコンテンツ