新たな投資をお考えの方へ 土地付き太陽光・風力発電の投資物件とは?

タイナビ発電所

投資未経験者に薦めたい、最も信頼できる投資物件サイト No.1

掲載企業数

337

掲載区画実績

22696

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-390-134 [受付時間] 10:00〜19:00 (平日のみ)
土地付き太陽光発電の投資物件とは?

土地付き太陽光発電の投資物件とは

土地付き太陽光発電の投資物件とは

今注目を集める土地付き太陽光発電

土地付き太陽光発電はいま、最も注目されている投資対象の一つです。

これまで太陽光発電システムが注目を集めていたのは、光熱費の削減や災害時の非常用電源としての利用が主でした。ところが2012年7月、10kWシステムを超える太陽光発電システムによって発電された電気を一定の価格で一定期間(20年間)買い取る『固定価格買取制度』を国が電力会社に義務づけたことで、太陽光発電は投資の対象としてもみなされるようになりました。

家庭の屋根で発電できる電気量はわずかかもしれませんが、産業用太陽光発電と呼ばれる10kW(一般住宅の平均は約3〜5kW)を超えるシステムでは、よりたくさんの電気を生み出すことができます。そして発電された大量の電気を電力会社に買い取ってもらうことで、大きな利益を得ることができるのです。

ただ、いくら国の買い取り制度にあやかって太陽光発電に投資をしたいと思っても、自力で土地を用意するのは難しいのが実情。そこで「太陽光発電で投資をしたい!」と思っている人たちの力になってくれるのが、土地付き太陽光発電システムです。

太陽光発電の販売企業が投資家の皆さまに代わって借地、もしくは保有する土地に大規模な太陽光発電所を建設し、投資家に販売してくれます。それがいま、注目を集めている『土地付き太陽光発電システム』なのです。いってみれば不動産を購入し、投資家はその不動産を運用しながら利益を得る、という仕組みとほぼ一緒だと考えていいでしょう。

土地買取型と土地賃借型

土地付き太陽光発電には、土地と太陽光発電設備をセットで買い取る土地買取型と、土地を借り太陽光発電設備だけを買い取る土地賃借型があります。

土地買取型と土地賃借型

どちらも土地を持たない人でも太陽光発電事業に参加することができ、太陽光パネルで発電した電気は『固定価格買取制度』を活用し、電力会社へ電気を販売することで収入を得ることになります。

買取価格と買取期間

2011年、調達価格等算定委員会が出した2012年度の産業用太陽光発電(10kW以上のシステム)の固定買取価格(FIT価格)は40円(税別)で、買取期間が20年間でした。
この期間、電力会社は40円(税別)/kWhで電気を全量買い取りすることになります。
これは世界的にみても破格といわれており、一気に投資家の注目を集めることとなりました。
※20kw未満の小型風力発電の固定買取価格は55円(税別)

2012年 2013年 2014年 2015年
2015/6/30まで
2015年
2015/7/1から
2016年
10kW以上 40円
+税
36円
+税
32円
+税
29円
+税
27円
+税
24円
+税
10kW未満 42円 38円 37円 33円(※) 31円(※)

(※)北海道電力・東北電力・北陸電力・中国電力・四国電力・九州電力・沖縄電力の需給制御に係る区域において、平成27年4月1日以降に接続契約申込が受領された発電設備では価格がそれぞれ2円多い金額となる。
(参考元:経済産業省資源エネルギー庁ウェブサイト『なっとく!再生可能エネルギー』

固定価格買取制度がスタートしてから、年々太陽光発電の固定買取価格(FIT価格)は下落しています。
2017年度の固定買取価格は、21円(税別)となっておりますが、太陽光発電システムの部材価格の大幅な値下げにより、表面利回りは5年前と変わっていません。

太陽光発電投資は安定した売電・高利回りが期待出来ることに加え、保険・保障制度も充実しております。
近年では信販会社のフルローンを活用する事で、初期投資0円で投資できる環境がこの太陽光発電ブームに拍車をかけています。
当サイトでは全国の優良太陽光発電会社が販売している投資物件を検索できるほか、土地付き産業用太陽光発電・風力発電に関するさまざまな情報を発信していますので、ぜひこれからの投資戦略の参考にしてみてください。

PR情報

メディオテック平日セミナー

無料会員登録

ご登録頂いたお客様には、お客様が検索した条件にマッチした新着物件や、とっておきの非公開物件情報などをいち早くお知らせします。

登録をする

登録済みの方はログインページへ

カテゴリ

詳細条件から物件を探す
物件種別 エリア

電圧区分
価格 新築・中古
利回り 土地契約
連系年月