日本・海外マイニングファーム選び

大規模な施設で仮想通貨の発掘を行う、マイニングファーム。ここに投資することで、自らマイニング作業をすることなく、利益を得られる可能性があるのだ。

出資を検討するなら、利益を得る仕組みを理解することが大切だ。そして、マイニングファームを選ぶときは、国内外の事例や違いについて知っておくべきだろう。

ここでは、マイニングファーム選びに役立つ知識をご紹介する。

大規模施設で発掘するマイニングファーム

仮想通貨は取引で利益を上げるよりマイニングを行うほうが儲かるといわれている。しかし、個人でマイニングを行うことは費用面からも現実的ではないだろう。

より現実的に利益を上げる方法として注目が高まっている「マイニングファーム」とは何かを次に解説していこう。

効率的に仮想通貨を発掘できるマイニングファーム

仮想通貨はビットコインが登場したころとは異なり、マイニングする方法として主にクラウドマイニングとマイニングファームの2種類の方法で行われることが多い。

マイニングファームとは、仮想通貨のマイニングを行うための大規模な施設のことである。この施設では、高性能なマシンが24時間休みなくフル稼働するため効率的に仮想通貨を発掘することができる。

マイニングマシンの稼働には性能を最大限に活用するため使用電力が多くなる。発生する膨大な熱処理を効率的に行うため、施設は寒冷地で電力の安い場所に設置されることが多い。日本にも施設を運営する会社があり、国内に大規模な施設を所有している。

世界最大級のマイニングファームは?

世界最大級の施設を運営している会社といえば、中国北京に本社がある「Bitmain」である。高性能で安定性にも優れたマイニングマシンを製造している。

「Bitmain」が大きく収益を伸ばしているのは、風力発電で4円/1kWhと電気代が安いモンゴルに設置されていることも大きな要因である。電気代が安いほどコストが抑えられ、収益を上げやすいのだ。

ほかには、アイスランドやアメリカ、ロシアなど電気代が比較的安い国や地域に多く設置されている。しかし、中国やロシアなど一部の国では仮想通貨への規制が厳しくなる可能性も指摘されている。

マイニングファームへ参加するには

個人でマイニングファームへ参加するにはどうすればよいのだろうか。参加するためには、自分のマイニングマシンを購入する必要がある。

購入したマイニングマシンを施設で稼働してもらうことで、仮想通貨のマイニングを行う。マイニングマシンは24時間自動的にブロックの承認作業を行い、成功するたびに新しいコインを獲得する仕組みになっている。その中から所定の手数料などを差し引き、利益を得るのだ。

海外のマイニングファームへ投資するメリット・デメリット

海外のマイニングファームに投資する

海外の会社へ投資するメリットとデメリットを把握しておこう。主なメリットとしては、国や地域によっては電気代が安いので投資コストを抑えられることだろう。

デメリットは、海外の政情不安やセキュリティに関するリスクが高いことである。仮想通貨における政情不安は規制の厳格化へつながる恐れもある。また、セキュリティ面の不備があれば、マイニング機器の窃盗が起きやすいだろう。

さらに、海外の施設は、実際にマイニングしている現場を見学するのが難しい。そのため、企業の信頼性をチェックしづらいこともリスクといえる。投資をする際は、施設がきちんと稼働しているのか確認することが大切である

日本国内におけるマイニングファームの事例と拠点

それでは、日本国内の事情はどのようになっているのだろうか。ここでは、国内におけるマイニングファームの事例や、設置される地域、国内の会社に投資するメリットは何かを説明していく。海外との違いに着目していきたい。

日本のマイニングファームの事例

「JWマイニングファーム」は、西日本最大の施設を運営している。自社ビルをいくつも所有し、3万台のマシンを管理することでコスト削減を実現している。

「DMMマイニングファーム」は、石川県金沢市に拠点を置く運営会社。DMMグループ創業の土地で大規模な施設を展開している。

「マイナーガレージ」は、秋田県鹿角市に拠点を置く会社。日本で初めてとなるクリーンエネルギーを活用した独自のシステムで、マイニングマシンを稼働している。

「OZマイニング」は熊本電力の関連会社で、親会社からの安定した電力供給を受けられることが強み。安定した電力を活用することで、利益を出しやすいとされている。

事例からは、日本国内にも大規模な施設が展開されていることが分かる。時期によっては出資者を募集しているので、欠かさずチェックしておこう。

日本のマイニングファームは地方都市に多い

マイニングマシンを24時間稼働させるためには、膨大な電力と冷却システムが必要である。そのため、寒い地域が最適とされている。日本国内においても、秋田県や石川県といった寒冷な地方都市に設置されていることがある。

また、日本では太陽光発電や風力発電など、クリーンエネルギーを活用した大規模施設が多いのも特徴である。エコロジーの観点から、今後も進められていくと予想される。

日本では、電力コストをいかに抑えるのかが収益を得るカギとなるだろう。

電力の安定性とセキュリティの高さがメリット

日本は政情不安がなく、安心して施設を運営できることがメリットである。また、日本では電力コストがかかるものの、供給が安定しているため瞬断リスクが少ない。日本の会社のなかには、実際にマイニングしている施設を見学できるところもある。

海外の施設は見学が難しいので、実際には稼働していないといった詐欺に遭うリスクがある。さらに、日本のマイニングファームは、マシンが故障した時の保証も充実しているという強みがあることも押さえておこう。

日本国内にある信頼度の高いマイニングファームを選ぼう!

日本のマイニングファームを選ぶ

日本の会社へ投資する場合、重要なポイントは事業者としての信頼度だ。

まず、安定した電力供給と十分な運営実績があるかを確認しよう。万一に停電したときでも電力を供給できるシステムがあることが、安心材料につながる。

マイニングする仮想通貨の種類は会社ごとに異なるため、獲得したい仮想通貨が発掘できるのか確認することも必要である。

さらに、マイニングで重要な「セキュリティ対策」は十分なのかも確認しよう。機材や仮想通貨の盗難リスクを減らすには必須である。

日本のマイニングファームは安定した電力供給がメリット

海外のマイニングファームは電気代の安さがメリットだが、政情不安などのリスクが多いことも忘れないようにしよう。海外の慣習やコミュニケーション面から、契約トラブルなどの可能性もある。

一方、日本の場合は、安定した電力供給ができるという大きなメリットがある。盗難を防止するためのセキュリティ面を見ても、安心して投資できる材料が揃っているといえる。

コストや運営状況などを総合的に判断して、マイニングファームを選ぶといいだろう。