投資・投機・ギャンブルの違い

生きていく上で、お金は必要不可欠なものである。なんとかお金を稼ごうと、手持ちの資金を増やす手段を探している人も多いのではないだろうか。

今ある資金を増やす手段には、投資や投機、ギャンブルといったものが挙げられる。どれも払ったお金以上のリターンが期待できることが特徴である。

しかし、投資・投機・ギャンブルは似ているようで、お金の使い方やリスクの高さといった点で全く異なるものである。

このコラムでは、投資や投機、ギャンブルの違い、さらには投資の種類やおすすめの投資方法を紹介する。損失を出さず、着実に資産を増やすためにも、正しい知識を身に着けよう。

投資・投機・ギャンブルの違いとは?

まずは、投資・投機・ギャンブルの違いについて簡単に紹介しよう。

・投資

投資とは、手持ちの資金を他者、あるいは自身の事業に出して、対価を狙うことをいう。株式投資が最もメジャーで、誰にでも始められるポピュラーなものだろう。不動産経営、太陽光発電も投資にあたる。

株の場合、投資先のビジネスが順調に成長したとき、資金を出した人は出資額に応じて企業の利益を分配される。投資先が成長して経済的な価値が増すほど、1人あたりの分配額も配当や株価の値上がり益といった形で増えるのだ。

収益用に設備を購入し、自分で運営することも投資である。

・投機

投機は、資産運用の世界では「有価証券などの短期売買を繰り返し、利ざやを狙う」行為を指す。FXや、季節的に相場が激しく変動する農作物、貴金属などが挙げられる。

投機は短期間でハイリスク・ハイリターンを狙うことから運の要素が強く、マネーゲームとも称される。そして、誰かが得をする裏で誰かが損をする、ゼロ・サムゲームの様相であることが特徴だ。勝てば大儲けが期待できる分、負ければ何も残らないのが投機のリスクである。この点、投機はギャンブルに近いといえる。

・ギャンブル

ギャンブルは投機と同じく一攫千金を狙うものの、主催者である胴元がいる点が特徴である。そして、参加者は胴元の利益や参加手数料を差し引いた残りの金額をめぐるゼロ・サムゲームを行うことになる。

最もメジャーなギャンブルとしてパチンコや競馬があるが、いずれの場合も胴元となる運営母体に収益が残るように参加者のリターンが計算されている。

ハイリスク・ハイリターンなギャンブル性の高い投資の種類

ハイリスク投資

堅実に資産運用をしたいのであれば、比較的ギャンブル性の低い投資が良いだろう。しかし、投資と呼ばれるもののなかでも、短期間で一攫千金を狙うような方法はギャンブル性が高く、投機的な性格の強い投資法もある。具体的には株やFX、仮想通貨の短期売買といった行為がそれにあたる。

たとえば、FXでは外国通貨の売買を通じ、通貨同士の価格差を利用して利益を狙う。FXの特徴は、レバレッジをかけられる点が挙げられるが、レバレッジをかけると少しの元手(証拠金)で大きな金額の取引ができるため、そのぶん大きなリターンが期待できる。10万円の証拠金で10倍のレバレッジをかけた場合であれば、100万円分の取引が可能になるのだ。

そして、儲けが出たときには100万円を動かしたときと同じだけの金額を受け取ることができる。しかし、レバレッジをかけた場合儲けも大きくなるが、相場が逆に動いた場合の損失も大きくなる。

FXにおいて、わずか数円の為替変動が原因で投資した以上の金額を失うというのは、レバレッジが原因となることが多い。

投機的な投資で成功するためには情報や専門知識が不可欠だが、一般個人が機関投資家のような情報網や専門知識を持つことは困難だろう。資産を増やす目的であれば、余剰資金で楽しむ人か、よほど運用に自信のある人以外にはおすすめできない。

中リスクな投資の種類

ミドルリスク投資

リスクが高すぎず、出資額に見合ったリターンが見込める「中リスク・ミドルリターン」の投資方法も紹介しよう。

・不動産投資

アパート・マンション経営といった不動産投資は、扱う金額が大きいためリスクが大きいと思われるかもしれない。しかし、無理のない資金計画を立て、事前に入念な調査をすれば大きな失敗を回避することができる。成功すれば、リスクをほどほどに抑えつつ、安定した家賃収入が得られるだろう。

ただし、予想外に空室が増えてしまった場合は収入が大きく減り、投資した資金が回収できなくなるという恐れがある。安定した収益を確保するためにも、投資対象を探す際には条件面だけでなく、立地を踏まえた集客性などを慎重に考慮して決めるとよいだろう。

・債券

債権投資も、手堅いといわれる投資の1つ。企業が発行する社債や地方自治体が発行する地方債などを購入し、その利子や売却益が利益となる。

債券の特徴は、たとえ価格が変動したとしても償還日まで持っていれば、額面通りの金額で戻ってくること。そのため比較的安心できる投資方法として認識されている。

もっとも、発行元によって安全性が大きく変わる点には注意が必要である。債券の発行元が債務不履行に陥ってしまうと、利子や償還金が約束通り支払われない可能性が高い。債権を買うときは発行元の信頼性をみて慎重に買うとよいだろう。

低リスクな投資の種類

ローリスク投資

ギャンブル性が低く、安定した収益を挙げられる投資方法を探しているなら、太陽光発電もおすすめだ。太陽光発電が低リスクな投資法である理由を紹介しよう。

・安定した収益や利回りが期待できる

太陽光発電のメリットは安定した収益が期待できること。

2012年に全量買取制度が始まった当時に比べると、太陽光発電の買取単価は半分以下になるところまで下がり続けていることも事実だが、そのことと実際の利回りはまた別の話である。

太陽光パネルの価格も下がり、性能も進化して、初期費用も2012年当時の約半分ですむようになったため、自己資金で導入する場合の利回りは現在でも約10%を維持している。しかも、日照時間やパネルの経年劣化以外に収益を変動させる要素がほとんどなく、他の手法と比べ専門的な知識がなくても安定して収益を上げられるのもメリットである。

・初期費用以外の追加投資不要で運用できる

初期費用以外の追加出資が発生しないのも太陽光発電のメリットの一つ。

太陽光発電のランニングコストは売電収益の中から支払っていくため、太陽光パネルの設置費用といった初期費用を払ってしまえば、あとは大きな追加投資をしなくても運用できる。

投資とギャンブル・投機の違いを理解して低リスクな投資をしよう

ギャンブル性の高い投機的な投資は一攫千金を狙えるが、その代わり失敗したときのリスクも高くなる。必ず儲かるという方法は存在しないため、運任せの要素が強い。市場の状況によっては、お金が増えるどころか減り続けてしまう危険性もある。

資産運用の一環として投資を行う場合、大切なのは「堅実な運用を心がけること」。資産を増やすつもりで投機的な投資に資金を投じ、財産を全てなくしてしまっては意味がない。

たとえ、得られるリターンが少なかったとしても、長期間コツコツと運用益を上げられるやり方が資産運用には向いている。「なぜ利益が得られるのか?」という根拠があり、長期的な予測が立てられる投資方法を選ぶべきなのだ。

堅実とされる投資方法にもいろいろ種類があるが、なかでも太陽光発電は長期的な収入計画が立てやすいのでおすすめである。債券や株式のように金融市場の動向に収益率が左右されることもないため、投資初心者でも安定した収益が期待できる。

さらに、太陽光発電にはCO2削減による地球温暖化防止に役立つという側面もある。リスクの低い投資先を探している人はもちろんのこと、環境問題に関心が高い人にもおすすめの投資先といえるだろう。

市場の変化に強い太陽光発電は、安定した長期運用を期待できるのが魅力。堅実に資産形成をしていきたいのであれば、一度検討してみてはどうだろうか。