老後2000万円問題は太陽光投資で解決!?
竹原

どうも、タイナビの竹原です。本日もですね、三田先生にお越しいただきました。よろしくお願いします。

三田

よろしくお願いします。

太陽光発電ならタイナビ! Youtube公式チャンネルはこちら
登場人物
竹原

「老後2000万円問題」、すごいメディアで取り上げられてたと思うんですけども、これって、例えば太陽光発電だけで、その問題って解決できるのかなと思ったんですけども、ちょっとその辺について三田先生の見解をお伺いできます?

↓↓動画本編はこちら!

太陽光発電ならタイナビ! Youtube公式チャンネルはこちら

太陽光発電で老後2000万円問題解決なるか!?実際のシミュレーション付で解説

三田

僕が実際持っている太陽光のシミュレーションを示したので、それベースで一旦お話しできればなと思うんですが。

太陽光発電のシミュレーション
三田

大体真ん中辺りの項目に、「ローンの元金支払い」と「ローンの金利支払い」があると思うんですけれども。

一般的には借り入れをして設備を買って、売電収入を得て、そこから返済を返していく投資になると思うので、どうしても、安定してるってことはリスクが小さいってことですので、リターンは小さいと思うんですね。

ローンを返してる間ってのは、下手したら赤字も全然あり得るかなと思ってまして、返済期間とか利率にもよるんですけども、太陽光は老後資金、というか返済後にようやく花開くのかなと。っていうのがまず1つですね。

だから、売電収入が入ったからといってすぐに使わないようにすることがまず大事。長い目で考えることが大事っていうのはまず大前提で。

1年目、僕終わってですね、すごいシミュレーション通りでしたので、右側、赤く囲われてるところですね、ローン終わった後、繰り上げ返済とか一切考えずに、現状のまま、ほぼほったらかした場合なんですけども、最後の5年間で大体750万円ぐらい

ま、もちろんですね、所得税とか住民税を考慮外としてますので、一概にとは言えませんが、ざっくりとですね。例えば今40歳であれば15年後55歳ですよね。このシミュレーション上の750万を3つ持てば2000万超えますね、シンプルに。

竹原

2100弱ぐらいですね、はい。

三田

だから太陽光だけで2000万を作り上げるっていうのは不可能ではないと思いますね。

太陽光発電投資で2000万円を作り上げることは不可能ではない
竹原

大体、低圧の太陽光ってざっくり2,000万円だと思うんですけども、3つ買おうと思うと、これって6000万ぐらい借り入れが必要じゃないですか。これって難易度的にどうなんですかね?

三田

当然僕はローンに関して詳しい人間ではなくて税金に関して詳しい人間なので、あくまで噂ベース。

基本的に借り入れるのは、最初、初めてやるやり方って信販会社さんを使うと思うんですね。その場合には、「年収に応じて何倍まで借りられます」、あと勤続年数とか、会社のネームバリューとか、そういうので決まるっていうのは聞いてるんですけども、ご自身によって変わるんでしょうね。

竹原

そうですよね。

三田

このスライドだけ見ればですね、「あれ?意外といけるじゃないか!」って思うんですけども…。

竹原

いけちゃいそうですよね、うん。

三田

ただ、自前のキャッシュでは多分買えない方が多いはず。まずは借りられるかどうかの確認は必要だなとは思いますね。

仮にもし借りられなかった場合は、金融機関を自分で開拓するっていう術もありますし。

あと、1基目持ってれば、繰り上げ返済することで残債を減らして、次の借り入れにつなげていく。

信販に借りられなくても金融機関を自分で開拓する術もある
三田

一気に3基じゃなくて、時期をずらして2基目、3基っていうのも一つ手なんじゃないかなとは思いますね。

竹原

なるほどですね。他に何かそういったテクニック的なことはないですかね。

三田

太陽光をたくさん積み上げてる方、もちろん周りにいるんですけども、金融機関とお付き合いしてますね、上手く。

自分で金融機関を開拓する場合は、大体地銀・信金になると思うんですけど、面と向かって話すわけですね。当然、利率も要相談。返済期間も要相談。

で、その後実績を積んだら関係ができてるので次の融資が引っ張りやすい、みたいな感じで、信販だったら明らかに借りられない金額を、金融機関を開拓して借りてる方は知ってますね。

竹原

なるほど、なるほど。

三田

そういう方もいるので、信販会社で断られたから絶対無理かっていうとそういうことはないんじゃないかなと思ってます。

竹原さんはこの話を聞いて、老後2000万を太陽光で作る案に関してはどう思われますか?

竹原

めちゃめちゃいいと思いますね。太陽光、本当に20年間も安定した投資であることは、これはもう間違いない事実じゃないですか。ってなったときに、2000万円問題を解決するのには太陽光っていいと思いますね。

太陽光発電投資は20年間安定した投資である
竹原

ただ、「じゃぁお金をどうするのか?」っていうとこなんですよね。

三田

借りられないとやっぱりスタートできないので。

竹原

そうですね。

三田

まずは、買いたいなっていうのを、物件選びというか、と同時に、借りられるかどうかですね、それをまずは調べる必要があるかなとは思いますね。

竹原

まずはそこからのスタートですかね。

三田

はい。ちなみに竹原さんは15年後はまだ全然現役なので、もし2000万作っても豪遊しちゃったら、また老後問題っていうので、お気をつけていただければ(笑)。僕も含めてですけど(笑)。

竹原

そうですね(笑)。三田さん、ありがとうございます。

太陽光で解決し得る方法であるということだと思うんですけども、まずは自分がどれぐらいお金を借りられるかどうかっていうところも含めて、金融機関の方に相談するっていう、それがまず第一歩的な感じですよね。

自分が借りられる限度額を金融機関に相談する
三田

そうですね。

竹原

三田さん、ありがとうございます。また次回もですね、ご出演お願いできればと思いますんで。

三田

ぜひよろしくお願いします。

竹原

本日の動画は以上とさせていただきます。ご視聴並びにチャンネル登録よろしくお願いいたします。

太陽光発電ならタイナビ! Youtube公式チャンネルはこちら

【出演者情報】

■竹原 明洋:株式会社グッドフェローズ社長室長・コールセンター部部長

⻑尾、佐伯と3名でグッドフェローズを設立。オーストラリアの大学にて国際ビジネスを専攻し、本当は誰よりも太陽光発電に詳しいコールセンターのトップにしてグッドフェローズ随一の聞き上手。

■三田裕也さん:三田会計事務所 代表

公認会計士・税理士。大学卒業後に公認会計士講座の講師として、財務会計論、租税法の科目を担う。中小企業や個人のサポートを行うべく独立開業に至り、2019年から太陽光発電投資を始めている。

土地付き太陽光・風力発電の投資物件はタイナビ発電所へ。
特に人気のある物件は会員様限定のご案内です。

※会員限定物件が多数あります。