不動産投資

不動産投資を始めるなら、リスクや注意点をしっかり認識しておかなければならない。昨今では、会社員として働きながら不動産投資で収入を得る女性が増えている。女性が労働以外で安定した収入を得られる可能性があるからだ。

しかし、リスクや注意点を知らないまま、メリットだけを見て投資することは避けたい。安定性や収益性をそれぞれ知った上で、自分に合った投資先を検討してみよう。

女性が不動産投資をすすめられる理由とは?

女性不動産投資

近年、女性向けの不動産投資セミナーや広告が多く見られるようになった。従来では、このような女性に特化したセミナーなどは少なかった。なぜ、女性が不動産投資をすすめられるようになったのか。それには、女性の収入やライフスタイルの変化が関係する。

給与所得以外の収入源ができる

不動産投資で得られる収入は、給与所得以外の収入源として期待できる。給与以外の収入は、賃金カットやリストラなどへのリスク対策にもなるだろう。

給与所得者の平均年収を見ると、男性よりも女性のほうが低い。2016年の国税庁の調査では、男性の平均年収が521万円であったのに対し、女性は280万円となっている。

ライフスタイルが変わっても続けられる

女性はライフスタイルが大きく変わるタイミングがある。結婚や出産など、身動きがとれない中では、いかに手を動かさずに収入を得るかが重要になってくるのだ。

その点で不動産投資は、管理のほとんどを外注できる。利益は減るが、生活が変わる中でも稼ぎ続けられるというメリットは大きい。

不動産収入により年収が増えると、生活費には余裕が生まれる。子どもの教育費や住宅購入など、まとまったお金が必要なときに物件を売っても良い。

手間や時間をかけずに、資産形成ができるのだ。

周辺環境の変化に注意!不動産投資のリスク

不動産投資リスク

不動産投資にはは、もちろんリスクもある。投資に潜む危険性を理解し、どうすれば軽減できるのか検討しておきたい。

空き室により収入が得られないリスクがある

空き室の状態が続くと、想定していた収入が得られない。収入がない場合でも、管理費や維持費は必ず毎月かかるためマイナスになることもある。

空き室になる主な原因には、物件の交通利便性が悪い、周囲に競合が多い、築年数が古いことなどが挙げられる。自身が今まで選ばなかった物件を振り返れば、イメージがわくことだろう。不動産投資では、自分の物件が比較され、ふるいにかけられる立場になるのだ。

家賃の値下げ(収入減少)が避けられない状況もある

不動産投資では、需要の低下による家賃の値下げで、当初予定していた利回りが得られないこともあるのだ。理由のひとつとして人口の減少が挙げられる。日本の人口は2010年頃から急速に減少しているため、今後の住宅需要が低下する可能性は否定できない。

また、建物の劣化による値下げの可能性もある。建物が古くなると入居希望者が減るため、家賃を下げなければならない事態も起こり得る。

大学や企業、大型商業施設の撤退などで周辺環境が変わることもある。不動産の周辺環境は購入後に変わるため、想定外の収入源になる可能性も考えられるだろう。

意外にかかる初期投資以外のコスト!不動産投資の注意点

不動産投資は、運用中にさまざまなコストがかかることも見逃せない。その費用は家賃収入から支払うことになるのだ。初期投資以外にかかる費用については、はじめにどのくらいかかるのかを把握しておこう。

管理費や修繕費にコストがかかる

不動産の運用をはじめると、貸主としての役割が発生する。そのため、入居者の募集や契約手続き、入居後の家賃の徴収やクレーム対応などの管理業務を行わなくてはならない。これらの業務を管理会社に業務委託した場合、管理委託費として家賃収入の5%程度のコストがかかる。

さらに、建物を適切に維持するためには、定期的に修繕を行わなければならない。大規模修繕が必要になったときのことを想定し、修繕積立金として毎月家賃収入の5%程度を取っておくことも必要だ。

固定資産税や都市計画税がかかる

不動産には毎年固定資産税が発生する。都市部の場合は、都市計画税の納付も必要だ。税率は、固定資産税と都市計画税課税を合わせ、課税標準に対して1.7%かかる。

住宅用地の場合には、課税標準は購入金額の5~6割程度になるだろう。実際の不動産にかかる固定資産税の割合は、購入金額の0.5~1%程度となる。

表面利回りが10%の物件でも、家賃収入の5~10%程度のコストがかかることを見逃してはいけない。不動産投資は、コストを計算に入れた実質利回りをもとに検討しなければならないのだ。

空室リスク・物件選定が怖い人向けの投資先は

ここまで解説したように、不動産投資では、利便性が高く需要が見込める場所をよく見極めて選ぶ必要がある。しかし、人気が高い交通利便性のよい都市部の不動産は、近年の価格高騰で入手ハードルが高くなってしまった。

さらに、不動産は建物の劣化とともに、空き室リスクが年々増加する。修繕やリノベーションも、大きな支出が避けられない。

先が読めない不安への対策で始める投資なのに、不動産は将来に重いリスクが起こり得る。

こうしたリスクを避けたい方には、太陽光発電投資という選択肢を提案したい。

太陽光発電投資

太陽光発電投資とは、太陽光発電システムを購入し、発電した電力を電力会社に売って収入を得る投資方法だ。投資用に、土地と発電機器をセットで買うことができる。初期費用は1000万円くらいからで、ローンが使える。設置や管理は、もちろん全て外注できるので、仕事や育児との両立も可能だ。

太陽光発電投資とは? メリット・デメリット

太陽光発電がもつ他の投資先に見られない特徴は、20年間の安定収益だ。

電力会社が固定価格買取制度(FIT制度)で電力を買い取ることは、国が約束しているのだ。そのため、個人の投資家もたくさん参入しているという現状もあることを理解しておきたい。

太陽光発電は、固定価格買取制度により20年間は安定した収益が期待できる。

この制度では、国が売電価格を約束しているため、運用ルールを守っていれば売電価格が一方的に下げられることはない。購入後の市場変化に対して、不動産投資よりも影響を受けないことがメリットだ。

再生可能エネルギーの需要は世界的に増える傾向にあるため、固定価格での買取期間が終わった後も、電力を買い取ってもらえる可能性は高い。住宅用の太陽光発電では、FIT期間が終わったあとの電力を、継続買取してもらえることが決まった。

そして、太陽光発電投資には土地の利便性を重視する必要がない。

最も重要な条件は「太陽光が当たること」なので、日当たりが良ければ地方の安い土地を選ぶほうが有利だ。土地にかかる初期費用を抑えることができ、投資した費用を早く回収できるのだ。

太陽光発電投資の成功は情報収集がカギ!

投資を始めるなら、「長期的に安定した収入」「手間と時間がかからない」が重要なワードだ。太陽光発電は国の制度により、20年間の安定利益が期待できる。これは、他の投資では見られない魅力だ。

では、実際の費用や利回りはどうだろうか。

太陽光発電投資の利回り・短期間で投資回収できる物件の選び方

タイナビ発電所では、高利回りの土地付き太陽光発電の投資物件を多数検索できる。投資のために選ばれた土地と、コストパフォーマンスを重視した発電システムのセットで、高利回りを狙っていこう。

 

土地付き太陽光・風力発電の投資物件はタイナビ発電所へ。
特に人気のある物件は会員様限定のご案内です。

※会員限定物件が多数あります。