マイニングファームとは

仮想通貨を購入せずに手に入れるマイニングは自宅のパソコンを利用するのが主流であった。しかし最近では、DMMマイニングファームや電力会社のマイニングファームなど、専門業者にマイニングを委託するマイニングファームが話題になっている。

マイニングファームの仕組みやメリットを知って、自分に合ったマイニング方法を検討してみよう。

マイニングは誰でもできる?マイニングの方法と注意点

マイニングファームについて勉強する前に、まずはマイニングで仮想通貨を手に入れる基本的な方法をおさらいしておこう。また、基本的なやり方で起こり得る問題点についても事前に把握し、マイニングファームと比較してみよう。

マイニングのやり方

基本的なマイニングのやり方は、自宅のパソコンなどに専用ソフトをダウンロードし、個人でマイニングを行う方法である。

マイナー(マイニングを行う人、組織)で集まり、協力してマイニングを行うマイニングプールに参加するのも一つの手だ。そして、マイニングプールなどに出資し、獲得した仮想通貨の一部を配当金として受け取るクラウドマイニングという方法も存在する。

マイニングの注意点

利益を上げるためには、より多くの計算を可能とするようなマイニングツールやメモリの増設が必要となるためコストがかかる。

また、コストの面で言えば電気代も無視できないほどの金額になる場合がある。マイニングを行うには、パソコンを24時間起動させ続ける必要があるため、電気代が月1万円を超えるにもかかわらず、獲得できる仮想通貨は数百円程度にしかならないことも。

さらに、マイニングに使用する機器は暖房器具に匹敵するほどの熱を発することも多いため、熱暴走や故障を防ぐために冷房代などの管理費も別途必要になる。

マイニングファームの仕組みを知ろう

上記のような基本的なマイニングのやり方以外にも、マイニングによって仮想通貨を手に入れる方法がある。それがマイニングファームだ。

マイニングファームでどのように仮想通貨を手に入れられるのか、仕組みや方法を見ていこう。

マイニングファームとは何か

マイニングファームとは、購入したマイニングマシンを専門の工場に設置しマイニングを行うことを言う。また、マイニングマシンを設置している工場自体をマイニングファームと呼ぶこともある。設置された機器の管理は専門業者によって行われるため、自分で管理する手間を省くことができる。

大型施設にマイニングマシンが大量に並べられ、それらを冷やすための冷却装置が完備されているので、機器が熱暴走や故障する恐れが低い。また、マイニングのためのスタッフが雇われており、スタッフの管理のもと24時間体制でマイニングが行われる。

マイニングファームのやり方

マイニングファームで仮想通貨を手に入れるには、まずマイニングマシンを購入しなければならない。マイニングマシン購入後は、マイニングファーム業者が運営する工場にそのマイニングマシンを設置するだけだ。

設置後は専門業者の管理下でマイニングが行われ、自分が設置したマイニングマシンが獲得したマイニング報酬を受け取るだけだ。ただし、報酬からはマイニングにかかった電気代や管理費用などが差し引かれるため、獲得した100%の報酬を得ることはできない。また、報酬は現金ではなく、あらかじめ指定したコインで支払われることになる。

企業が注目!日本のマイニングファームとは

もともとマイニングの5割は中国のマイナーによって行われていた。しかし、2017年に人民元の流出防止などを理由に仮想通貨取引自体が規制の対象となったため、中国のマイナーたちは一先ずマイニングから撤退することとなった。

日本ではDMM.com、GMOインターネット、SBIホールディングスなど、ネット関連事業会社がマイニングに目を付け、次々とマイニング事業に参加している。

現在、マイニングファームにはDMMマイニングファーム、JWマイニングファーム、OZマイニングファームなどがある。

DMMマイニングファーム

DMM.comは金沢にてDMMマイニングファームの運用をすでに開始している。多くの人に仮想通貨を理解してもらいたいという理由から、マイニングファーム内を見学することができ、実際にどのようにマイニングが行われているかを見ることができる。

JWマイニングファーム

株式会社和上ホールディングスとJシステム株式会社の共同プロデュースにより設立したマイニングファームである。設置されているマイニングマシンの数は30,000台にも上る。マイニングマシンさえ購入すれば、JWマイニングファームでマイニングすることも可能だ。リスク分散のために、様々な通貨でマイニングを行っているのが特徴だ。

OZマイニングファーム

オズ社が熊本電力と協力して設立したマイニングファームである。熊本電力は日本国内で最も電気代が安いため、マイニングファームの運営にかかる電気代を低く抑えることを可能にしている。マイニングマシンを購入し設置することでマイニングが可能で、現在は100台単位での申込者を募集中だ。

GMOインターネットのマイニングファーム

GMOインターネットは現在、マイニングを行いたい企業や個人を募集し、必要な設備を貸し出すサービスを予定している。また、株式会社アクロディアも、地勢や気候的にマイニングマシンの管理に適した土地として長崎県にマイニングファーム設営を予定している。

マイニングファームは自宅マイニングよりも効率的?デメリットは

すでに様々な企業や電力会社がマイニングに目を付け、マイニングファームを設置している。そんな注目を集めるマイニングファームには、自宅で行うマイニングと比較してどのようなメリット・デメリットがあるのかを見ていこう。

マイニングファームのメリット

マイニングファームを利用するメリットは、24時間休まずにマイニングができることにある。空調や設備の管理などもすべて代行してもらえるため、自宅で行う場合よりも管理の手間は圧倒的に少ない。

また、たくさんのマイニングマシンを一か所で管理しているため、電気の単価が安い高圧契約を採用している。したがって、自宅でマイニングを行うよりも電気代を抑えることが可能になる。

さらに青色申告者ならば税額控除が適用できるため、マイニングファームを利用することで節税につなげることも可能だ。

マイニングファームのデメリット

大きなデメリットは、何よりも初期費用に莫大なお金が必要になることだろう。マイニングファームを利用するには、設備投資として1,000万円~2,000万円ほど必要となる。ただし、中小企業経営強化税制により設備投資にかかった費用を利益から差し引くことが可能だ。

また、自宅でマイニングを行った場合には発生しなかった管理費用がかかることもデメリットと言えるかもしれない。管理費用は業者によって取り扱いが異なり、マイニングマシン1台あたりにいくらと設定されている場合や、マイニング報酬の20%程度を管理費用とする場合もある。

マイニングによっては、投資した金額を回収できるほど仮想通貨を獲得できないこともある。しかし、そのリスクは自宅でマイニングする場合も変わらない。そして、最近ではマイニングファームを名乗った詐欺などもあるため、運営会社の選定は慎重に行わなければならない。

仮想通貨はマイニングファームで手に入れよう

自宅のパソコンを用いて個人でマイニングを行う場合、たくさんの電気が必要となる。Looopでんきが出しているマイニング向けプランなども存在しているが、熊本電力のマイニングファームをみてもわかるように、マイニングファームの方が電気代を安く抑えることができる。

マイニングで採算を取るには、電気代をなるべく抑えることが何よりも重要になってくる。マイニングを始めるのならば、電気代の安いマイニングファームの利用を検討してみてはどうだろうか。

税制優遇も使えるマイニングファームを詳しく見る

土地付き太陽光・風力発電の投資物件はタイナビ発電所へ。
特に人気のある物件は会員様限定のご案内です。

※会員限定物件が多数あります。