マイニングの仕組みと役割

※タイナビ発電所では、仮想通貨の業界の方から、マイニングの初心者ヘ向けたコラムを寄稿いただきました。連載形式でお届けいたします。「仮想通貨という言葉はよく聞くし興味はあるけど、正直よくわからない」という方は、ぜひ最後までお読みください。

第3回目のテーマは、仮想通貨のネットワークを支える仕組みについてです。

これまで仮想通貨の技術であるブロックチェーンについて説明をしてきました。ブロックチェーンがあってこそ仮想通貨のセキュリティは堅固であり、そして新時代の技術を期待されているのです。その将来性があるからこそ、まだまだ世の中に仮想通貨に期待し投資する人がいて、また相場価格も上昇すると言われています。

さて、「仮想通貨に期待できるから投資する」というのは「仮想通貨を買う」という投資を指すだけではありません。それはそれで仮想通貨の市場を広げるための要因にもなりますが、今回は仮想通貨、ブロックチェーンの肝である「ネットワークを支える技術に参画する」という意味で、この技術、つまり「マイニング」についてご説明します。

  ⇒前回の『Day2.仮想通貨の技術と将来性について』のコラムはこちら

マイニングの役割

仮想通貨について調べていると、このマイニングという言葉が出てきます。

マイニングというのは、中央集権のように管理する機関がない仮想通貨にとって皆でネットワークを支え合うための、無くてはならない技術です。

また、このマイニングは個人とか法人に関係なく、コンピューターと知識があれば誰でも参画できます。

「マイニングをすると仮想通貨を貰えるらしいけど、自分には関係ないから気にしたことはなかった」という方は結構多いと思います。

理由はいくつかあると思います。

  1. 実際どのように行うかわからないから
  2. 既に取引されているものを買うから関係ないと思う

1.については後日ご説明しますが、2のように仮想通貨の動向を追っていても関係ないと思われている方もいるようです。

ですが、仮想通貨においてはマイニングされないとネットワークは維持できませんから、マイニングがどのように行われているか、マイニング参画者がどれだけいるのかなど、マイニングの情勢を追うことで、外貨取引のようなチャートだけ見ているよりも一歩も二歩も先が見えるわけです。

確かにマイニングを行うことで仮想通貨は貰えますが、それはネットワークを支えてもらう為の報酬が自動発生するようになっており、逆に言えばその報酬があるから一般人もが私財を投じて仮想通貨のネットワークを支えるようになるのです。

仮想通貨をどこから仕入れるのか?

仮想通貨を手に入れるとして、あなたはどこから仕入れます?

まずは「仮想通貨を買う」がすぐに思いつきますが、その誰かから購入する仮想通貨はもともとマイニングによってこの世に誕生した仮想通貨なのです。

ネットワークを支えていると言いますが、具体的な事例としてはマイニングがされないと取引がいつまで経っても完了しません。

中央集権型のネットワークで例えれば、銀行を利用しての送金は銀行が手続きを行っていますが、ビットコインやイーサリアムの場合にはこのマイニング作業が行われることによって送金処理が完了されるのです。

詳しいマイニングの仕組みは説明するととても複雑になりますが、今回の内容で抑えて頂きたいポイントとしては、マイニングによって仮想通貨は成り立っているということと、マイニングを行うことでメリットがあり、そしてマイニングが続くことにより仮想通貨の将来を支えるということにもなるということです。

目の前の仮想通貨を売買によって利益を望むことは誰しもが考えられることですが、将来的な先行投資という意味で仮想通貨を見て頂けると、面白い見方になることでしょう。

次回は、マイニング実践編となります。お楽しみに!

⇒第4回『マイニング実践編(マイニングとマイニング報酬)』につづく

今すぐ仮想通貨のマイニングがしたい。もっと話を聞きたい方 詳細はコチラから