太陽光発電の雑草対策

太陽光発電施設に雑草が生い茂ると、発電事業や近隣の農地、住民に悪影響を及ぼすことになる。そのため、機器の設置後には周辺に気を配り、状況に応じた雑草対策をしなければならない。

今回は、雑草が太陽光発電事業に与える影響や除草の方法、除草にかかる費用について紹介する。雑草が原因で起こりやすいトラブルもあるので、ぜひ参考にしてほしい。

また、除草の頻度やタイミングはいつがよいのかについても解説する。太陽光発電事業で安定収入を得るためには、どのような雑草対策が必要なのかを押さえておこう。

雑草が太陽光発電施設に与える悪影響やトラブルの事例

雑草は太陽光発電の収入や利回りにも影響する。また、近隣とのトラブルに発展する可能性もあるのだ。ここでは、雑草による具体的な悪影響には何があるのか、トラブルの事例も合わせて紹介するので参考にしてほしい。

収入や利回りに与える影響やトラブルの事例

機器周辺の雑草が伸びてくると、太陽光発電事業の収入や利回りに次のような影響があることを知っておきたい。

まず、雑草が伸びたことで太陽光パネルに影ができると、太陽光が遮られて発電量が減る。また、草刈り費用が増えることでコストがかかるため、収益が減ってしまう。このようなケースは、雑草が収入に直接影響する事例といえる。

除草の際には、草刈り機で送電ケーブルやアレイ(モジュールを複数枚つないで架台に設置したもの)などの設備に損傷を与えてしまうこともある。雑草でフェンスの風通しが悪くなると、風が通り抜けないためにフェンスが倒壊するという事例も発生しやすい。

ほかにも、雑草に隠れて動物が住み着き、太陽光パネルを破損した例もあるのだ。パワコン内部にまで雑草が侵入すれば、故障や不具合の原因にもなる。このような間接的な影響の事例もあるので、太陽光発電事業には雑草対策が必須であることを認識しておこう。

近隣の農地や住民への影響やトラブルの事例

太陽光発電の近隣への影響

近隣の農地や住民への影響、トラブルの事例があることを忘れてはいけない。たとえば、敷地内の雑草が近隣の農地や道路まで及んだ場合には、周辺に対して直接の被害を与えていることになるだろう。

雑草による間接的な影響では、雑草に隠れて動物が住み着き、近隣の作物を荒らしたというケースがある。また、適切に雑草を処理しないことで害虫が発生し、近隣住民から苦情が寄せられた事例もあるのだ。

除草剤による影響で、周辺の作物に被害が出たという事例もある。土地を借りる際に、除草剤の使用を禁止する旨が契約に盛り込まれている場合もあるので、確認しておこう。

どんな雑草対策があるのか?除草の主な手段や費用

具体的な雑草対策には何があるのか、除草の主な対策手段や費用を紹介していく。

草刈り機で刈る対策

草の生育状況にもよるものの、年に4回以上行う必要があるだろう。

一般的なコストは1平方メートルあたり200~300円で、草を処理するための除去費用が1平方メートルあたり200円程度かかる。自分で除草作業を行う場合は、機器を破損しないよう十分に注意しよう。

除草剤を使う対策

生えている雑草を処理するために散布するタイプと、雑草を予防するために使うタイプがある。予防するタイプは、すでに雑草が生えている場所には効き目がない。

また、一口に雑草といってもさまざまな種類があるため、草の性質や生えかたによって使い分ける必要がある。除剤散布費用は、1平方メートルあたり200~300円程度が目安だ。

防草シートを敷く対策

シートを敷く際に隙間があると雑草が生えてくるので、丁寧に施工しなければならない。一般的なコストの目安は、1平方メートルあたり400~2000円程度である。

紫外線劣化の防止加工が施されたタイプ、表面を二重構造にして雑草が突き抜けにくい耐久性をアップさせたタイプなどがあり、その環境に適した製品を選ぶと良いだろう。

砂利を敷く対策

砂利を敷くことで雑草の発生を抑えることも効果的だ。砂利の追加が将来的に必要になる場合もある。一般的にかかるコストの目安は、1平方メートルあたり1500~6000円程度である。

さらに、砂利を敷く際に、下に防草シートを敷いておくと防草効果が上がるので参考にしたい。

コンクリートやアスファルトで覆って対策

太陽光発電機器を設置した敷地内をコンクリートやアスファルトで覆い、雑草を防止する方法だ。1平方メートルあたり5000~1万円程度が目安となる。

コンクリートやアスファルトは一度対策すれば万全なようにも思えるが、コンクリートを突き破って生い茂ることもあり、他対策と合わせて対策すると効果的だ。

除草の頻度やタイミングはどのくらい?

除草の頻度やタイミングは、年間の予算ではなく雑草の状態に応じて決めることになる。雑草が成長し丈が高くなると茎が太くなり、除草作業が負担になるので注意したい。

除草の目安としては、機器周辺の雑草が30cm程度になったときに除草対策をするとよいだろう。雑草が30cm以下になるように維持すれば、太陽光パネルに影がかかり、発電量が低下するのを避けることもできる。

春から夏にかけては、雑草が生育しやすい時期なので除草の頻度が多くなりやすい。しかし、雑草には刈り取りにより広がる、増えるという性質もあるため、除草の頻度が多いと雑草が増えてコストも上がることになる。そのため、雑草を30㎝以内に抑えることを目安にするといいだろう。

自力除草と外注除草どちらがいいのか

自力除草と外注除草

雑草対策には、自力で行う場合と外注する場合がある。それぞれの手間や費用を知り、比較検討して決める必要があるだろう。自分で行う除草や外注の除草には、どのような方法があるのか、手間や費用はどれくらいかかるのかを解説する。

自力除草する場合の手間と費用

はじめに、自力で除草する場合の手間と費用について紹介しよう。

自力でできる雑草対策には、草むしりや草刈り機、除草剤を使う方法などがある。敷地面積が狭く、1年間に4回程度など定期的に草刈りをする時間がある人なら、自力での除草も可能だろう。

ただし、草刈り機を使う場合は、ケーブルの切断や機器を損傷しないように気を付ける必要がある。また、慣れない作業ではケガをしやすいため、回転刃よりもナイロンカッターを使うなどの配慮も必要だ。

除草剤を使う場合も、近隣への影響を考慮する必要がある。特に、近隣に農地や井戸がある場合は注意が必要だ。自力で行う場合は、草刈り機や除草剤の実費費用のみなので、外注よりも安くなる。しかし、除草の手間や時間がかかる点はデメリットといえるだろう。

外注除草する場合の手間と費用

一方で、外注する場合の手間と費用はどうだろうか。外注する場合は、自力で除草した場合よりも費用がかかるのはやむを得ない。

たとえば、草刈りを依頼した場合の費用は、1000平方メートルで1回あたり20~30万円程度が目安だ。年に4回除草を依頼したとすれば、80~120万円程度の費用になる。太陽光発電設備に必要な土地面積は、1kWあたり10〜15平方メートル程度が目安なので参考にしよう。

外注除草は、太陽光発電機器を設置した場所が広大な敷地で、自力では対処できない場合に適している。また、施設が遠方にある場合や、忙しくて除草作業にあたる時間がない場合にも利用したい。

専門業者に依頼すればプロが除草を行ってくれるため、設備の損傷や除草剤による影響も回避できる。

外注するなら除草付きのメンテナンスプランがおすすめ!

除草を外注するときには、「除草付きのメンテナンスプラン」がおすすめだ。

太陽光発電は、定期的なメンテナンスが必要な事業である。特に、野立てで設置されている機器は、雑草の状態も含めたチェックが欠かせない。メンテナンスをしっかり行うことで、設備の機能低下を防止でき、安全な運営や安定収入につながるのだ。

「はつでん管理人」には、除草付きのメンテナンスプランがある。自分で草刈りをするなど、多くの手間や時間をかけることなく、太陽光発電を安全に管理できるのだ。メンテナンスのプロに管理を一任すれば、専門的な知識がないことへの不安もなくなり、発電効率を維持できるだろう。

雑草対策やメンテナンスは「はつでん管理人」へ

太陽光発電事業の維持には雑草対策が欠かせない!

定期的な雑草対策や除草は、太陽光発電事業で安定収入を維持するためには欠かせない作業である。

自力で除草する方法もあるが、土地が広い場合や除草に時間をかけられない場合は外注したほうがよいだろう。手間を省き、安定した発電を維持したい場合は、除草付きメンテナンスプランがおすすめだ。

また、これから物件を購入するなら、購入時には土地の雑草状況も確認しておくと、より安定した収入につながるだろう。