女性のチャレンジ投資

女性こそ、将来や老後のことを考えれば、投資で少しずつ資産を増やすべきだ。

手堅く預金をしても、低金利な普通預金や定期預金では、期待するほどには増えないだろう。消費税や社会保障にかかわる支出は年々増えている。手元に残るお金は減ってきているのが実情だ。長期的な資産づくりに、投資を視野に入れることをおすすめしたい。

今回は、投資初心者の女性がチャレンジしたい投資先を紹介しよう。

土地付き太陽光・風力発電の投資物件はタイナビ発電所へ。
特に人気のある物件は会員様限定のご案内です。

※会員限定物件が多数あります。

女性こそ投資を始めるべき切実な理由

一般的に、40代から50代にかけては食費や医療費などの支出が増える傾向にある。キャリアアップのために転職や資格取得をするなら、さらにお金がかかるだろう。

これに加え、女性のキャリアは不安定になりやすいのが現実だ。出産で家族が増えれば支出は増える反面、休職や退職をすれば、世帯収入が減るきっかけになる。

時短勤務や専業主婦になれば、将来の年金支給額にも影響する。女性への年金支給額は、男性に比べて低い傾向があることにも着目しよう。2017年の調査結果では、およそ6万円もの差があるという。老後の生活資金を考えると、今からでも老後資金づくりを始めたいところである。

しかし、収入が簡単に増やせるものなら、すでに実行していることだろう。キャリアアップの勉強、家事に育児があれば、時間の確保は難しい。時間や手間をかけず、お金を動かして、資産を増やしていくしかない。

女性こそ、投資で資産を増やすべきなのだ。

初心者がチャレンジしたい投資先は「投資信託」

初心者の投資信託

投資が初めてなら、少額から始められる投資信託がおすすめだ。

リターンは少ないがリスクも小さく、専門家が運用するので取られる時間と手間を抑えられる。情勢の変化にも強く、投資資金をコントロールできるのもメリットだ。

投資信託は、投資したお金が運用され、収益が分配される金融商品である。株や債権などでプロが運用するため、初心者でも始めやすい。

一口1万円程度から投資できるため、まとまった資金がなくても始められることもメリットだ。たとえば、毎月一定額を貯金するように投資し、徐々に投資額を増やしていくこともできる。

NISA(少額投資非課税制度)やiDeCo(個人型確定拠出年金)を利用して、投資信託を運用することも可能だ。

投資信託のデメリットも把握しておこう

投資信託で投資したお金は、必ず返ってくるとは限らない。市場の動向は予測できないため、元本割れのリスクがあることを理解しよう。元本割れとは、投資したお金である元金よりも価値が減ることだ。

元本割れのリスクを軽減するためには、バランス良く投資することを検討したい。

たとえば、分散投資でおすすめの「リスクコントロール型」は、相場の動きに合わせて入れ替えができるものだ。「バランス型投資信託」は、国内外の株や債券、不動産投資信託などを、商品ごとに異なる割合でバランス良く組み合わせている。

このような商品を選ぶことで、ひとつに絞って投資した場合よりもリスクは軽減できるだろう。また、投資時期をずらし数回に分けて投資や売却を行う方が、買値や売値の価格変動によるリスクは少なく、利益は平均化される。

投資信託にはコストがかかる点にも注意が必要だ。主なコストには、購入時に支払う購入手数料、運用期間中にかかる信託報酬、信託財産から差し引かれる監査報酬や売買委託手数料などがある。

手数料などのコストは商品や運営会社によって異なるので、サイトや目論見書を確認して、できるだけコストが安いものを選ぶこともポイントだ。

長期収入が得られる投資先として不動産も検討

長期収入の不動産投資

長期収入が得られる投資方法として、不動産投資を検討する人も多い。

不動産投資は、長期的な利益が見込めるメリットがある。働かなくても得られる収入は、健康状態が不安な老後の生活にとって大きな役割を果たすだろう。

一方、不動産投資のリスクも十分に理解しておく必要がある。

不動産投資はローンで始められる

不動産投資のネックは、初期費用だとお思いだろう。実は、不動産投資に着手する多くの人は、不動産投資用のローンが利用している。手持ち資金がなくても、ローンですぐに投資を始められるのだ。

さらに、建物の減価償却費やローン金利は経費として計上できることもメリットだ。所得から経費を差し引くことで、納める税金を抑えることができる。

空き室リスクや建物の老朽化に注意

一方で、不動産投資にはリスクもある。たとえば、入居者が退去した後、すぐに次の入居者が見つかる保証がないことだ。

手持ちの物件が空き室になると、家賃収入は入ってこなくなる。入居者不在の合間も、管理費の支払いやローン返済は続けなければならないのだ。

空き室リスクを避ける方法が、管理会社が毎月の家賃を保証してくれる「ワンルーム家賃保証」だ。しかし、このサービスで保証される家賃は一定ではない。契約の更新ごとに保証される家賃が下がるというリスクがある。

そもそも、少子高齢化による人口減少が続いているため、長期的に入居者を確保することが難しいエリアもある。競合の出現により、空室や、家賃を下げざるを得ない減収リスクもあるだろう。

さらに、建物の老朽化が進むと補修費用がかかるうえに、集客の難易度も上がる。

不動産投資は、最初の物件選びで全ての成否が決まると言っても過言ではない。何十年も先を見通す物件選びは、投資に慣れて資金と時間に余裕があるタイミングで始めるべきだろう。

初心者投資家には太陽光発電がおすすめの理由

初心者投資家に太陽光発電

太陽光発電投資は、初心者にも運用しやすい投資先といえる。初期投資が不動産に比べて少ない上にローンが使えて、が魅力だ。

ここでは、収入や運用方法にポイントを絞って、太陽光発電投資をおすすめする理由を挙げよう。

20年間は安定収入が見込める

太陽光発電投資は、土地や太陽光パネルなどの発電設備を購入し、発電した電力を電力会社へ売ることで利益を得る投資方法だ。売電価格は、固定価格買取制度により20年間固定されている。

収益が不安定になりやすい投資の中で、安定した収入が得られるというメリットは大きいだろう。経済の変化による影響が少なく、不動産投資のような空き室リスクもない。

投資資金は、日本政策金融公庫や銀行などからの融資でまかなうこともできる。また、固定価格買取期間が終了してからも、売電による収入を得ることが可能だ。使用済の物件を売却すれば、売却益を得ることもできる。

土地付き太陽光発電なら専門知識が不要

初心者には、土地付き太陽光発電がおすすめだ。土地付き太陽光発電とは、太陽光発電設備と土地をセットで購入、または土地を借りて発電設備を購入する方法だ。

土地付き太陽光発電は、投資物件の販売会社が土地の選定や発電設備の設置、様々な手続きを行う。投資家に電気や機械などの専門知識がなくても運用できるのだ。

リスクは、「実在しない投資案件を売りつけられる」「初期不良物件を売りつけられる」などが挙げられる。

対策方法は、販売実績が多い販売会社から買うことと、物件引き渡し前に太陽光発電専門のメンテナンス会社に点検してもらうことが有効だ。

女性の資産形成におすすめ!初心者から始められる太陽光発電投資

太陽光発電は、安定した利回りが魅力の投資先である。土地付き太陽光発電なら、専門知識のない初心者でも始められる。女性の生活を考えたときに、資産形成にも有効な投資といえよう。

タイナビ発電所では、多くの土地付き太陽光発電の物件情報を提供している。安定した収益が見込める太陽光発電投資に興味があるなら、タイナビ発電所に無料会員登録しよう。豊富な情報の中から、最適な物件を選ぶことができる。

土地付き太陽光・風力発電の投資物件はタイナビ発電所へ。
特に人気のある物件は会員様限定のご案内です。

※会員限定物件が多数あります。