マイニングファームが有利な理由

投資先として定着しつつある仮想通貨。仮想通貨は取引所で購入するか、マイニングの報酬として入手するのが一般的だ。中でも、マイニングは価格高騰の影響を受けにくいことで注目された。

しかし、個人で行うマイニングはコスト面の課題が多く、利益を得るのが難しい状況になった。資金を一箇所に集めてパワーをもつ方が、マイニングにおいては有利なのだ。そうして世界中で成長したのが、マイニングファームだ。

この記事では、マイニングファームの基本知識からメリット・デメリットについて紹介する。

マイニング競争激化で個人が不利な展開に

仮想通貨は、マイニングでも入手できる。その理由は、仮想通貨そのものの仕組みにあるものだ。

仮想通貨とは、国家によってその価値が保証されていない暗号化されたデジタル通貨のことである。円やドルであれば政府銀行が管理をするが、仮想通貨には特定の管理者がおらず、取引はブロックチェーン技術を用いたP2P(ピアツーピア)取引で行われる。

P2Pとは、個々の端末が互いに信頼し合うことで成立するネットワークで、取引の整合性を保つためにブロックチェーン技術を用いて取引情報が記録される。

この仮想通貨の取引情報について、整合性を確認・承認し、記録する作業がマイニングだ。

仮想通貨

マイニングは暗号化されたデータを扱うため膨大な計算が必要になり、この計算を成功させた人に対する報酬として新規の仮想通貨が発行される。つまり、マイニングは新規の仮想通貨を発行する役割も担っているのだ。

マイニングに成功すると報酬として仮想通貨がもらえるため、投資先として選ぶ人が続出した。そして、個人投資で乗り越えるべきハードルも高まっていったのだ。

小規模マイニングは課題が多く採算が合わない

マイニングは個人が自宅で行うことも可能だが、いくつかの課題もある。まず、排熱と空調にかかる高額な電気代が必要だ。

マイニングを行うためには、高スペックなマイニングマシンを24時間365日フル稼働させなければならず、かなりの熱を発することになる。そのため、エアコンを24時間稼働して室温を調整しなければならないのだ。

電力会社との契約も、個人の場合は企業の大口契約と異なり単価が高いため、電気代は相当なものとなるだろう。

また、計算力を高めるためには、高額なマイニングマシンやソフトが必要になる。これらの機器を用意するための資金についても、個人では限界があるだろう。

高性能・高価格なマイニングマシンが必要で、消費電力が約2000Wと高く、電気代や空調費などのコストがかさむのがネックとなっていた。

世界中のマイナーとのスピード勝負に勝たなければ、仮想通貨は得られない。しかし、個人資金では設備が弱く、投資効率が悪い。

マイニングファームとは、マイニングを行う大規模な施設のことだ。企業や投資家が必要なマイニングマシンや設備を用意し、セキュリティの管理までも行ってくれる。

計算スピードで負ければ報酬はもらえない

マイニングをしたからといって必ず仮想通貨がもらえるわけではない。先に計算を成功させた人にだけ仮想通貨が発行されるのだ。そのため、マイニングで成果をあげるためには取引データをいかに早く処理できるかが大切になる。

計算のスピードを上げるためには、マイニングを行うマシンのハッシュスピードが重要だ。

高性能のマイニングマシンが大量に必要になるため、個人の資金力で機器を用意するのは簡単ではない。自宅のパソコンでマイニングを行うのは不可能ではないが、計算力の高いマイニングマシンに勝って報酬を得るのはむずかしいだろう。

マイニングの課題を数で攻略する「マイニングファーム」

マイニングファームとは、企業や投資家が必要となるマイニングマシンや設備を用意したマイニングを行うための施設のことだ。

GMOインターネットが発表した「2018年8月仮想通貨マイニング事業の月次報告」によると、マイニングマシンの増設が進んだことで、マイニングのパフォーマンスを示すハッシュレートは大幅に拡大したとのことだ。

マイニングで成果を得るには高速のマイニングマシンが大量に必要であり、莫大な費用がかかる。マイニングファームが世界的に増加したのも、個人マイニングではもはや太刀打ちが難しいほど競争が加熱したことの証明と言えるだろう。

マイニングファームのメリット

マイニングファームに投資するメリット

マイニングファームには、いくつものメリットがあるが、ここでは代表的な2つのメリットを紹介する。

手間をかけずに24時間マイニングが可能

マイニングファームのメリットとして、手間をかけずに24時間マイニングできることが挙げられる。セキュリテイや空調などの管理も代行してもらえるので、自宅でマイニングを行う際に必要な面倒な管理の手間も必要ない。

保障のついた信頼性の高い機器を導入しているため、機器の故障でマイニングが滞るようなリスクも抑えられている。また、用意されたマイページでマイニング状況を確認でき、税理士と提携しているマイニングファームなら煩雑な税金の手続きを依頼することも可能だ。

産業用の大口契約で電気コスト削減

電気コストを大幅に削減できるのもマイニングファームのメリットだ。同じ量の電気を使っても、個人が契約する小口契約と業務用の大口契約とでは料金が異なる。

契約電力が50kW以上だと高圧電力、50kW未満だと低圧電力になるが、電気料金は高圧電力契約の場合は1kW13~17円、低圧電力契約の場合は1kW18~29円と大きく違ってくる。

そのため、自宅でマイニングを行う場合と比べると、電気料金を大きく下げることができるのだ。

マイニングファームのデメリット

どんな投資でもデメリットやリスクがある。マイニングファームの2つのデメリットを紹介しよう。

初期投資費用がかかる

マイニングファームのデメリットとして、初期投資費用がかかることが挙げられる。マイニングファームには、高性能なマイニングマシンや空調設備、電気設備などが必要になるため、少なくとも1000~2000万円の初期投資が必要になるのだ。

また、マイニングファームを利用する場合には、管理費を支払う必要がある。場合によっては、報酬の20%が管理費となることもある。ただし、中小企業経営強化税制によって費用を利益から差し引くことが可能だ。

海外マイニングファームはリスクが大きい

海外マイニングファームには、日本のマイニングファームにはない特有のリスクがある。日本では考えられないが、海外は電力インフラが充実しておらず、電力供給が安定していないため、突然停電することも珍しくない。

ネット回線の質も日本ほど高くないため、計算能力が突然ダウンするリスクもある。

また、セキュリティ面でも不安があり、ハッキングや襲撃を受ける恐れも否定できない。多くの地域では日本ほど治安がよくないため、マイニングファームの高価な機材が盗難に遭う可能性もある。海外のマイニングファームを利用する際には、細心の注意が必要だ。

国内運営のマイニングファーム「FFS-MINING」

マイニングファームを利用するなら、やはり日本国内のマイニングファームがよいだろう。おすすめの国内マイニングファームに「FFS-MINING」がある。FFS-MININGは16種類の通貨をマイニングできるので、複数の通貨をマイニングしてリスクを分散することも可能だ。

リスクの少ない国内に設置されている機器には3年間の保障がついている。また、クラウドマイニング方式ではなく、目の届く場所での運用なので信頼性も高い。

専用のマイページで、月ごとや通貨ごとのマイニング状況や当月のリアルタイムマイニング状況が確認できる機能も搭載されている。

税理士と連携しており、経済産業省から認定を受けるためのサポートを受けることもできる。

マイニングプールで成功率が高まる

FFS-MININGは、マイニングプールを行っているマイニングファームだ。マイニングプールとは集団でマイニングを行い、その貢献度に応じて獲得した報酬を分配することである。

マイニングは世界中で計算スピードが競われ、マイニングを行ったからといって必ずしも報酬を得ることができない状況になっている。

そこで、集団でマイニングを行うことで、マイニングの成功率を上げているのだ。マイニングプールを行っているFFS-MININGであれば、仮想通貨を獲得できる可能性は大きく高まるだろう。

マイニングファームに参加する方法

この記事で紹介したように、マイニングに成功するためには高性能なマイニングマシンなどが必要になるため、個人で成果を出すのはむずかしくなっている。今から仮想通貨を得たいなら、個人マイニングよりもマイニングファームがおすすめだ。

マイニングファームは世界中に多数あるが、どのマイニングファームを選ぶかも重要なポイントである。投資資金を預ける事業者は、電力事情や情勢における安全性を何よりも優先するべきだろう。