風力発電の反対運動の主な理由

風力発電は環境に対して優しいことから、さまざまところで作られています。また、将来的にさらに風力発電を作る計画もされているそうです。では、風力発電は反対運動にあわないのでしょうか?反対するのはどのような人や団体なのでしょうか?

1.風力発電についての反対運動の主な理由

原子力発電については、福島の事故の影響などもあり、反対運動が拡がっています。反対運動としては、原子力発電についてのものがよく報道などがされています。しかし、様々な自然エネルギーについても同様に反対運動はあります。風力発電の場合には、原子力発電の反対運動ほどは強くはありませんが現状ではあります。では、反対運動をしている人たちはどのような理由があるのでしょうか?

1.1 自然環境が壊れる

自然環境が壊れることが、反対運動の主な理由としてあります。風力発電を海の上や山の上に作った場合には、自然環境がその周りで壊れるようになるので、反対運動をするということです。いかに自然エネルギーを利用するということでも、自然環境が壊れたのでは全く意味がありません。

風力発電建設に反対する人の理由は?の説明画像1?の説明画像1

1.2 鳥が衝突する

愛鳥家の中には、人工構造物に鳥が衝突する事故が風力発電の場合には問題であるため、反対運動をしている人たちもいます。というのは、鳥が回転している風車に衝突して、死んだり、傷ついたりするリスクが高くなってくるということです。

日本で鳥類保護している団体としては、風力発電について反対運動をしているということではありません。しかし、大切な課題として、風車に鳥が衝突する事故を取り上げ、この事故が無くなるように対応していくというような姿勢をとっています。

1.3 景観が壊れる

反対運動の理由として、自然が壊れるというもの以外に、景観が壊れるというものもあります。タワーや橋などと異なって、景観が壊れるため、多くの人が風力発電を見えるところに作らせたくないと思っています。

例えば、電力会社と風力発電のビジネスを展開している日本で最も大きな企業は、風力発電を静岡県の東伊豆町などの山の付近に作るプランを立案しています。このプランによると、トータルで21基の風力発電を作ることになっています。

このプランについて、反対団体の「天城三筋山風力発電問題を考える河津町民の会」は、伊豆のかけがえのない自然を全員で保護しようという目標を持って、反対の署名を集めています。

この風力発電など、風力発電を伊豆半島で作ることについて、「伊豆の山並み景観研究会」の反対団体は『醜悪なる巨大風車』写真展のページを公式サイトで作り、景観を壊さないことの大切をアピールしています。

この反対運動をしている団体の公式サイトでは、素晴らしい白田の町の小高いところからの眺望はこのように風力発電によって壊されました、景観は風力発電によって全く駄目になりました、というような趣旨の文章も紹介されています。

1.4 健康に悪い

反対運動の理由としては、人によっては健康に悪いということをあげる場合もあります。風力発電が自分が暮らしている近くで運転すれば、低周波音や騒音が健康に悪いため、風力発電の反対運動を行うということです。低周波音や騒音が健康に悪いかどうかについては、風力発電を作る側としては健康に悪くない、住民側としては健康に悪いとアピールするのが世の中の流れです。

国内においては、低周波音や騒音クレームを訴えている住民の家の部屋で国が調べており、低周波音や騒音が認められなかったケースと、認められたケースがあるそうです。

風力発電建設に反対する人の理由は?の説明画像1?の説明画像2

1.5 自分の暮らしが危なくなる

今後は、自分の暮らしが危なくなる場合は、風力発電の反対運動をする人も多くなってくることが想定されます。洋上風力発電で風車を海の上に浮かべたり、作ったりすることが進んでくると、漁場にとっては環境が悪くなり、魚介類が少なくなって漁民の暮らしが厳しくなるリスクがあります。

洋上風力発電のプランが、福島県沖では進んでいます。しかし、このプランに対する反対運動が、福島県の漁業組合からは出ているそうです。福島県の漁業組合の会長は、自分たちの魚場が無くなることにおいては、洋上風力発電も原子力発電も同じであり、正直に言うと、洋上風力発電を作ると福島の漁業が無くなると心配しています。

1.6 発電効果がそれほど期待できない

これ以外にも、国内において風力発電を作っても、発電効果がそれほど期待できない、という反対運動の消極的なケースもあります。

2.まとめ

風力発電の反対運動の理由としては、自然環境が壊れる、景観が壊れる、健康に悪い、暮らしが危なくなる、効果がそれほど期待できない、などがあります。しかし、風力発電は自然エネルギーを利用するものであり、今からの日本にとって必要なものであるため、このような反対運動が起きないように工夫していくことが必要でしょう。

投資家様の強い要望もあり、会員登録された方のみに非公開案件をご紹介します。
ご興味のある方は今すぐ会員登録フォームにお進みください。

※案件が発掘され次第のご紹介になります。

風力発電の反対運動の主な理由に関するその他のコンテンツ