風力発電の寿命はどのくらい?各部品の平均寿命について

風力発電投資の場合には、風力発電の寿命がどのくらいかが気になるでしょう。ここでは、大型の風力発電の寿命、家庭用の風力発電の寿命などについてご紹介しましょう。

風力発電所の寿命 各部品の平均寿命についての説明画像1

1.大型の風力発電の寿命

大型の風力発電の原動機の寿命は、一般的に20年くらいとされており、条件や機種によっては30年のケースもあります。しかし、日本の場合には税法において資産の減価償却が17年の耐用年数になっているため、事業プランを立案する場合はこの17年で考えるケースが多くあるようです。

寿命になった原動機を新しくする際には、工期が短く、一度に運転を停める風力発電の数が多くないので、全体の発電所の運転状況に影響を与えることは多くないそうです。また、風力発電の技術については改良が今でも継続されているので、性能のより高い機種へ変更することによって寿命がさらに長くなってくることが予想されます。

2.大型の風力発電の設計寿命

大型の風力発電の設計寿命は、主としてコストと耐久性のバランスを図って決めます。一般的に、大型の風力発電の設計寿命年数は20年になっています。なお、基礎についての設計寿命は、50年くらいです。

しかし、実際の寿命年数としては、管理する状況や設置するところの風の状況によって違ってきます。なお、しっかりとメンテナンスを行って、部品を定期的に交換したりすると、20年以上使える可能性があります。

回転する部品のプロペラなどの疲労寿命によって決まる

風力発電の支持物の場合には、設計寿命期間内での構造物の使用性・安全性を保つため、荷重レベルを適切に決める必要があります。回転する機械である風力発電の耐用年数は、回転する部品のプロペラなどの疲労寿命によって決まります。なお、国際規格で設計した風力発電は、20年の疲労寿命があるそうです。

3.家庭用の風力発電の寿命

家庭用の風力発電で発電を毎日するには、メンテナンスを定期的に行うことが必要になります。メンテナンスを定期的に行うことによって、ちょっとしたタワーのネジのゆるみやプロペラの回転の不備などを見つけることができるでしょう。

風力発電を長く使用するためには、メンテナンスを定期的に行うことが大切です。ここでは、風力発電のメーカーがすすめている寿命とメンテナンスについてご紹介しましょう。

日常のメンテナンスとしては、半年に1回くらい、あるいは1年に1回くらい、各部の破損や緩みがないか、簡単に確認するようにしましょう。台風が来た後のメンテナンスとしては、日常のものと同じように行いましょう。

交換する部品としては、ベアリングやプロペラなど、定期的に補修したり交換したりするものはありません。バッテリーの寿命としては、バッテリーを3年から5年を目途に交換し、いい充放電性能の状態に保つようにしましょう。家庭用の風力発電の設計寿命としては、7年から10年間使えるようになっています。

家庭用の風力発電の寿命を日常のメンテナンスで延ばす

家庭用の風力発電の寿命を延ばすためには、日常のメンテナンスを行うことが大切です。部品の1つのネジがしまっていないのみでも、余計な力が別の箇所にかかって壊れる要因になります。

家庭用の風力発電を製造販売しているメーカーによると、7年から10年が風力発電機の寿命になるそうです。当然ですが、この寿命期間が終わるとすぐに使えなくなることはありません。しかし、風力発電の寿命は原動機の寿命に左右されるので、発電量が下がってくるのは止むを得ないでしょう。

4.風力発電の耐用年数

風力発電の耐用年数に関しては、自動車メーカーが、自社内に設備を動かすために風力発電を設置したケースとして、国税庁のホーム(https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/hojin/05/12.htm)で紹介されています。

風力発電は、風車を風のエネルギーで回転し、この回転を発電機に伝えることによって発電するもので、8,000万円~20,000万円の価格です。この場合は、「耐用年数省令」の輸送用機械器具製造業用設備が適用になり、風力発電の耐用年数としては9年になります。

風力発電所の寿命 各部品の平均寿命についての説明画像2

風力発電の資産は、一つの自家発電設備であり、この規模等で考えると「機械及び装置」に当たります。この風力発電設備のように、設備で作る電気を使用して自動車を製造する場合は、電気に関係する設備とは違って、自動車に関係するものと見なされます。

そのため、この風力発電設備は、自動車を製造する設備になるため、自動車・同附属設備製造業にあたり、耐用年数としては、耐用年数省令の電気業用設備の17年とは違って、輸送用機械器具製造業用設備が適用され、9年になります。

5.寿命が長いプロペラがない風力発電

風力発電は、先にご紹介したようにある程度の寿命があります。しかし、寿命が非常に長い風力発電が開発されているそうです。この風力発電は、プロペラがないもので、棒状になっています。風力発電を棒状にすることによって、意外にも多くのメリットが得られます。

まず、メリットとしては、部品が多くないので、設置するスペースが最小限にできます。そのため、作るためのコストが少なく、電気を多くの家庭に供給することができます。また、プロペラがないので、騒音が少なく、鳥が殺されることもありません。つまり、人、環境、動物に対して優しい風力発電というものです。

実際に運転する場合には、棒状の機材が風が吹くと揺れて、柱の関節の箇所が動いて発電します。このプロペラのない風力発電を考えたのは、スペインの風力発電のメーカーです。

多くの人に知らせるために、ソーシャルファンディングしたそうです。商用化するための風力発電の試作機を製作するために、5万ドルの資金をまずは募集していましたが、すでに達成したそうです。

作ったり、メンテナンスしたりするコストが非常に安い

これまでの風力発電と比べて、コストはメンテナンスが80%、運転が51%、建設が53%にそれぞれ非常に削減できます。ギアなどもなく、部品を交換する必要がなく、潤滑油も必要ありません。

寿命は、信じられないでしょうが、最大96年と非常に長くなっています。風が強すぎる場合には、磁力でこの衝撃を和げるそうです。このようなプロペラがない風力発電によって、大量の電気を低コストで発電できれば、世の中は変わるかもしれません。

6.まとめ

風力発電投資の場合には、風力発電の寿命がどのくらいになるか、ここでご紹介した、大型の風力発電の寿命、大型の風力発電の設計寿命、風力発電の耐用年数などを参考にしながら検討しましょう。

投資家様の強い要望もあり、会員登録された方のみに非公開案件をご紹介します。
ご興味のある方は今すぐ会員登録フォームにお進みください。

※案件が発掘され次第のご紹介になります。

各部品の平均寿命についてに関するその他のコンテンツ