太陽光発電投資の出口戦略 デューデリジェンス(評価診断)

太陽光発電所を高く売る為に、事前にあながたできる事は何だと思いますか?   将来的にあなたが太陽光発電所を売却する時には必ず評価(デューデリジェンス)が入ります。

太陽光発電所は、利回りや発電量、FIT価格など、さまざまな要素が存在します。太陽光発電所を高額で売却するには、あなたの太陽光発電所に、他の投資家が欲しがるほどの資産価値があることを証明しなければなりません。

そこで、太陽光発電所の資産価値を総合的に診断し、評価する「デューデリジェンス」の重要性が高まっています。

ここでは、太陽光発電所の査定額に大きく影響する評価診断(デューデリジェンス)について解説いたします。   評価されるポイントを押さえる事で、ただ売電収入を毎月見ているだけでなく将来的な出口戦略に備えて発電所の価値を高める準備が可能です。

土地付き太陽光発電所の売却査定はタイナビ発電所へ。
太陽光業界の売買実績4000件以上の経験と豊富な販路で売却買取・売却仲介・トータルでサポートいたします。

※税理士相談無料!売却依頼後に24時間以内に簡易査定させていただきます。

太陽光発電の評価診断(デューデリジェンス)とは

デューデリジェンスとは、投資などの取引の際に行われる調査活動です。太陽光発電の場合、発電設備の状態や資産価値を調査し、収益性やリスクなどを総合的に評価されます。デューデリジェンスの結果は、発電所の品質を担保する役割をもちます。デューデリジェンスが実施されていれば、査定額に良い影響をもたらします。

つまり、太陽光発電を売るためにはデューデリジェンスを実施して、発電所の良いところや悪いところ、将来的なリスクまで含めた情報を開示する努力が必要です。

もちろん、デューデリジェンスを行わずに太陽光発電を売却することは可能です。その場合、太陽光発電を買い取った事業者はデューデリジェンスを実施してから、中古市場に出品します。このとき、事業者側にデューデリジェンスと改修費用がかかる分、買取額(査定額)が低くなってしまうのです。

もし、デューデリジェンスを受けるには、タイナビ発電所の売却査定依頼を受けてください。査定後、売却するかは査定額でご判断ください。

タイナビ発電所査定(テキスト「太陽光発電の売却査定無料申し込みはこちら」)

メンテナンスだけでは施設価値は上がらない

太陽光発電は、2017年の改正FIT法によりメンテナンスが義務付けられています。メンテナンス体制に不備がある太陽光発電所は、FIT制度の対象から外されてしまう可能性があるため、査定に悪影響をもたらすと予想できます。車で言えば、車検がされていない車は当然評価が下がります。   あなたがもし中古の太陽光を購入したいと考えた時に、メンテナンス履歴がある発電所と全くない発電所をどちらに興味がありますか?   金額が同じであれば、当然しっかりメンテナンスされている発電所を購入するでしょう。太陽光発電所に遠隔監視設置されていない発電所が多数ありますが、こういった発電所は事故が起きた時に発見が遅れるだけでなく、メンテナンス自体もできないので大きく評価が下がるので設置コストを気にしてつけていない方は多くの機会損失が発生するでしょう。

しかし、メンテナンスを実施しているだけでは、太陽光発電所の査定額は下がる事はありませんが、上がりもしません。太陽光発電のメンテナンスは「設備の故障を防ぎ、対処する」ためのものであり、評価診断(デューデリジェンス)は「収益性を含めた資産価値を測る」という、基本的な姿勢に明確な違いがあるからです。

メンテナンスでできること

  • 故障、不具合を未然に防ぐ予防保全
  • 故障、不具合が発生してから対応する事後保全
  • 発電所を稼働させるのが目的であり、収益について提言することは一般的ではない

評価診断(デューデリジェンス)でできること

  • 発電所の収益向上を最終目的として、施設価値の最適化を図る
  • 不具合の発生確率や影響度をリスクレベルとして分析して改善策を講じる

太陽光発電所の故障や不具合を早期発見するために、遠隔監視や定期メンテナンスなどを使うことが一般的です。ただし、対処をするのが故障発生後になれば、少しづつであっても売電益を失ってしまいます。

評価診断(デューデリジェンス)は、太陽光発電所の設計から運用にいたる全容を見ます。改善策を講じるときにも、資産価値向上のためのアプローチを特徴とします。

つまり、太陽光発電の売却を前提にするなら、資産価値の現状を把握するための調査・診断とリスク解析、改修はセットで行うべきなのです。

高額FIT単価の物件を要チェック! 粗悪な施工業者が残したリスクもデューデリジェンスで洗い出せる

太陽光発電は、2012年に導入された固定価格買取制度(FIT制度)をきっかけに爆発的な拡大を見せました。その際に参入してきた施工業者の中には、技術や知識が不足していながら太陽光発電を設置してきたものもあります。

FIT価格の値下がりと共に太陽光発電の関連事業者の倒産が相次ぐなかで、粗悪な業者は淘汰されてきました。しかし、悪質業者が設計や施工を行った、品質に難がある太陽光発電所がまだ残されている可能性があります。

中古太陽光発電で投資を始めようとする投資家は、このリスクを知っています。そのため、デューデリジェンスでリスク要因が洗い出されていることが重要視されるのです。

また、リスクを解決するための設備改修などにより、太陽光発電の査定額をさらに高くすることも可能です。さらに、設備改修により太陽光発電の発電量も増やせるので、運用利回りも改善できます。つまり、太陽光発電の査定は早めに受けておく方が得だと言えます。

太陽光発電を高く売却する為に、資産価値を高める為には?

 太陽光発電所の試算価値をまず高めるためには、まずは発電量・売電収入を最大限高める事が一番重要です。  査定時に重要な要素は直近の発電量です。その発電実績から将来の発電予測を出すのが一般的です。  近年は自然災害が多数発生しており、発電所の査定項目にエリア(ハザードマップに入っていない)が重要視され、抑制なども考慮されます。  ただ、これはもう変更できない事実なので、その中で出来る事を最低限やる事です。遠隔監視設置・O&M加入をして、発電ロスや機器の不具合  をいち早く知る体制を作り、発電量を安定化させいち早く修繕する体制を整えてください。現在は、リパワリングを行い発電量のポテンシャルを最大化するサービスも出ております。太陽光発電の事業性を高めるには、コストとのバランスも重要です。

しかし、太陽光発電の査定市場は発展途上であり、資産価値まで総合的に評価できる査定事業者は少数なのが現状です。  その中で、本サイト(タイナビ発電所)では他事業者に先駆けて、売却査定サービスを展開しています。  今後は中古市場の活性化に伴い、査定市場が確立していくでしょう。  ただ、これは良い発電所は高い価値がつき、悪い発電所は悪い価値が付くので、同じ発電所でも売却査定額に大きな差が今後つくでしょう。  現在、将来的な規制強化や太陽光中古査定市場の確立を予知して、今の内に保有する発電所の1部を売却する投資家も増えております。  

土地付き太陽光発電所の売却査定はタイナビ発電所へ。
太陽光業界の売買実績4000件以上の経験と豊富な販路で売却買取・売却仲介・トータルでサポートいたします。

※税理士相談無料!売却依頼後に24時間以内に簡易査定させていただきます。

タイナビ発電所の売却査定・買取サービスの特徴

  • 無料で太陽光発電所の施設売却査定額を知るができる※24時間以内
  • 売却する場合は仲介と買取のいずれかを選べる
  • 査定額が出たあとの発電所の売却は必ずしも必須ではない

タイナビ発電所の売却査定サービスは、太陽光発電所の資産価値を正しく把握することを一番に考えて設計しています。その結果、スピードを重視した簡易査定方法~現地調査による細やかな査定方法を経て、正しい売却額を把握する事ができます。

簡易査定は、太陽光発電所に関する簡単な情報を頂く事で24時間で概算査定額のをスピーディにお出しします。太陽光発電所の大まかな査定額を、素早く、気軽に知りたい時にうってつけです。

本気で売却したい方は、太陽光発電所の現地調査を行います。稼働中の太陽光発電所の立地や施工状況などをすみずみまでチェックし、査定額や設備性能、施工品質、発電所に起こりうるリスクの診断を行ないます。その上で、1日でも早く売却したい方は弊社が発電所を買取する事も可能ですし、 時間をかけて1円でも高く売りたい方は弊社が売却の仲介を行います。

現状の査定額が十分なら、そのまま売却することもできます。もちろん、査定額に不足があれば売却する必要はありません。

太陽光発電所の売却を検討している方は、デューデリジェンスの視点で施設を売却診断できる売却査定サービスをご利用ください。

土地付き太陽光発電所の売却査定はタイナビ発電所へ。
太陽光業界の売買実績4000件以上の経験と豊富な販路で売却買取・売却仲介・トータルでサポートいたします。

※税理士相談無料!売却依頼後に24時間以内に簡易査定させていただきます。