太陽光発電事業を始めるには、既にある土地に発電設備を設置するという方法があります。それに加えて、既に太陽光発電設備が設置・売電されている中古物件を購入するという方法もあります。

中古太陽光発電はメリットも多い反面、デメリットもあります。その両者を良く把握して投資しましょう。

土地付き太陽光・風力発電の投資物件はタイナビ発電所へ。
特に人気のある物件は会員様限定のご案内です。

※会員限定物件が多数あります。

投資用太陽光発電「中古物件」のメリット

太陽光発電の中古物件と言うと、「中古」という言葉だけで何か訳ありのようなイメージを持つかもしれません。しかし基本的に、それなりのまっとうな理由を持って転売されており、価値もある物件が売りに出されています。代表的なのは、節税目的で購入した法人が、用済みの太陽光発電を売却処分するケースです。

既に設備が設置された物件なので、一から太陽光発電設備に投資するよりも安い価格で投資が可能です。当然、残りの売電年数により価格は安くなるでしょう。新規物件だと、どうしても初期投資費用が高くなってしまいますので、出来るだけ費用を抑えたい方には適しています。

その他にも、以下のような3つのメリットがあります。

  • 発電実績を見られて収益予想がしやすい
  • 高い価格で売電できる
  • すぐに始めることができる

それぞれどのようなメリットなのか、詳しく解説していきます。

太陽光発電稼働中の方も注意!改正FIT法は「みなし認定」にも適応

太陽光発電を始めたいけど、本当に収益が出るか不安…初期費用は回収できるの?と不安な方。そんな時には中古太陽光発電所が大いに役立ちます。

既に太陽光発電として稼働している中古物件なので、過去の稼働実績を見ることが出来るからです。この実績を踏まえて検討すれば、物件の費用とあわせ、初期費用を回収できるか確認することも可能です。

ただ、太陽光発電自体は比較的安定した投資物件なので中古市場でも大きな価値変動は少ないでしょう。小型風力発電のように売電しないと実際の売電量がわからない場合は大きな価値変動が予想されます。例えば、3000万で設置した小型風力物件が3年後に同じ価格で売れる事も大いにあるでしょう。

中古太陽光発電所は過去の実績を見ることが出来るので、今後の収益予想も立てやすいです。投資費用などと照らしあわせ、どのくらいの期間で投資額を回収できるのかも予想が立てられます。

過去の売電実績が明らかになると、「予想以上に利回りの良さそうな物件だ」「日陰が問題になると思っていた土地だけど実績を見るとあまり関係なかった」など、新しい発見もあります。

一見人気が無さそうな物件が、実は掘り出し物件であることも。検討を見送っていたような地域や土地も、もしかしたら候補になるかもしれません。

過去の高額な売電価格で投資ができる!

中古物件であれば、過去に設定された高い売電価格によって売電できる可能性もあります。

太陽光発電は「固定価格買取制度」によって国が売電価格を決定しています。毎年価格が見直され、年々価格は下がっています。太陽光発電設備は、設置・稼働させた年の売電価格が適用され、その後20年間(家庭用は10年間)その価格で電力が買取りされます。

たとえば2010年に稼働した太陽光発電であれば、買取り価格は48円となり、2016年の33円より15円も高い額で電気を売る事が出来ます。

中古物件ならすぐに太陽光発電を始められる

太陽光発電設備を一から設置する場合は、設置工事や連系工事など、数々のタスクをこなさなければなりません。そのため、どうしても稼働するまでには時間がかかります。工事期間中は、事故無く無事完成するか、オーナーとしては心配なところでしょう。

もしも銀行から資金を調達して設備投資する場合、太陽光発電設備を設置している期間中も金利が発生します。しかし、既に太陽光発電設備が設置されている中古物件を購入して稼働すれば、それほど日にちも必要とせず、すぐに再稼働し発電することが可能です。

なるべく早く太陽光発電を始めたい方、設置工事に掛かる費用を抑えたい方にはピッタリな方法です。

中古物件で太陽光発電を行うデメリット

中古物件にはたくさんのメリットがある一方、設備の劣化や買い取り期間の短さといったデメリットもあります。

中古太陽光物件はメンテナンスが鍵!発電設備のパネル劣化も・・

中古物件の太陽光発電設備は、質にばらつきがあることも少なくありません。パネルを取り付ける架台が金属管であったり、強度が弱かったり。素材や施工品質にばらつきがありますので、現地に行って自分の目で設備の様子を確認した方が良いでしょう。利害関係のない第三者に、施工状態のセカンドオピニオンとしてスポット点検を依頼することも可能です。

引き渡し前の単発点検に対応!太陽光メンテナンスサービス「はつでん管理人」スポット点検料金

もちろん設置から年数は経っているので、劣化や汚れもあります。場所によっては、漏水によって劣化している、一部の設備が故障している場合もあるため、こちらも現地で確認すべきです。もしも著しい劣化や故障を発見したなら、補修や修理も検討すべきです。また太陽光パネルが酷く汚れているような場合は発電効率にもかかわりますので、洗浄もすべきでしょう。

つまり、中古物件を購入する際は過去の発電量・売電金額の他にメンテナンス履歴・部材の交換履歴などのメンテナンスされていた実績が売買金額に直接影響します。点検結果報告書がない発電所は、簡易的な点検しか行われていない可能性があります。トラブルを避けるなら、購入を控えたほうが良いでしょう。

さらに中古太陽光発電所は、「特別償却」などの対象にはなりません。もしも節税対策として購入を考えるなら中古物件は適していません。太陽光発電設備を廃棄するには、それなりのお金がかかります。中古物件を長く使うなら、こういった点も考えないといけません。

中古物件は固定価格の買取り期間が短い

固定価格買取制度では、太陽光発電の買取期間は発電能力が10kW未満は10年、10kW以上は20年、と決められています。ここで1つ注意しないといけない点は、中古物件の太陽光発電は「買取期間が20年以下に減っている」ということです。

中古物件は、設置してから現在までの年数分、固定価格買取制度を利用しています。新たなオーナーに適用される買取期間は、その期間を除いた年数となるのです。

たとえば10kW以上の発電設備で、すでに3年前に設置、稼働している太陽光発電の中古物件を買ったとします。その場合は、固定買取期間は、20年から3年引き17年間となります。買取価格は3年前に決定された価格が継続され、消化された買取期間も引き継がれます。

物件を多く見る事で、良い投資案件を見わけられるようになります。中古太陽光発電も取り扱うタイナビ発電所で、たくさん検索してみてください。

土地付き太陽光・風力発電の投資物件はタイナビ発電所へ。
特に人気のある物件は会員様限定のご案内です。

※会員限定物件が多数あります。

優良物件なら中古に出さないのでは? 発電所を売却する理由は

分譲太陽光発電を前オーナーが売却した理由は気になるところでしょう。本当は儲からなかったから手放したくなったのでは?と、リスクに対して慎重に考えますよね。

太陽光発電所を売る理由は、オーナーによって異なります。これは、実際に売却のご相談を受けたときに伺った話です。

事業の支出のためにキャッシュが欲しい

事業の都合で急な出費があり、手持ちの太陽光発電システムを売却してキャッシュ化したい。

本業の投資費用にするためキャッシュ化したい

副業として始めた太陽光発電所を売却して得るまとまったお金を本業への投資に回したい。

発電所の管理が難しくなった

太陽光発電投資を始めたものの、多忙で管理するための時間が取れない。会社の移転で発電設備から遠い地域に住むことになり、発電施設の管理が難しくなった。

意外にも、発電量を理由にする声はほとんど聞かれないことがおわかりいただけるでしょうか。太陽光発電の販売店が提示するシミュレーション結果が、発電量を抑えめに算出しているのも理由の一つでしょう。

売却査定を気にして言わないだけだとお思いかもしれませんが、発電実績のデータを見ればわかることです。

まとめますと、中古の分譲太陽光発電は「今、現金が欲しい」うという売却理由が多いので、十分に発電できてFIT価格が高い優良物件も多く存在するということです。

土地付きの中古・新規投資物件はタイナビ発電所へ。
特に人気のある物件は会員様限定のご案内です。

※会員限定物件が多数あります。

投資対象としての中古と新築の違いとは? 

中古の太陽光発電は買い手にとってメリットが多いものの、実際に中古と新築のどちらを選べばいいのか迷う人もいるでしょう。

それぞれの違いを伝えるために、ひとつの例として、以下のようなシミュレーションを行いました。利回りを比較すると新築と中古の違いが明確になるので参考にしてください。

新築中古
初期費用1786万円1230万円
年間発電量約10万5000kWh約4万3000kWh
売電価格14円/kWh32円/kWh
固定価格買取期間
(残り)
20年間15年間
表面利回り約8%約11%

まとめますと、

  • 中古の場合は、固定買取期間は新築よりも短くなる
  • 売電価格は中古のほうが新築よりも18円/kWh高くなる
  • 初期費用は中古のほうが500万円以上少なくて済む

経年劣化による一定の発電量の低下があっても、売電価格が高いという理由で中古のほうが利回りは高くなるのです。買い手にとって、中古は初期費用を安く抑えることができ、そのうえで効率的に売電収入を得られるお得な物件といえるでしょう。

中古物件は、固定価格で売電できる期間が減っています。できるだけ長期的な投資をしたいときには、新築の太陽光発電システムが適しています。

中古の太陽光発電に投資をする際の注意点

ここでは、中古の太陽光発電を選ぶ際に注意すべき点を解説するので、取引する際の参考にしてください。

投資に向いている物件なのか確認する

取引を検討している物件について、投資として運用するのに向いているのかを確認しましょう。

  • 太陽光パネルを覆うような木や雑草がないか
  • 太陽光パネルの汚れや破損、故障がないか
  • 年劣化により太陽光発電の発電量が減っていないか

どれも発電量に影響するため、定期点検を実施していたのかを確認することも大切です。

周辺住民とのトラブルや盗難などがないか、といった点についても確認しましょう。住民からの苦情が多いと対応に時間を割かなければいけなくなりますし、過去に盗難被害が起きている場合は、監視カメラをつけるなどの追加の設備も必要になります。

中古の太陽光発電は、設置してみてはじめて分かるような不慮のトラブルに見舞われにくいのが特徴です。リスクを避けて、実際の実績を見ながら物件を選びたい慎重な投資に向いています。

土地付き太陽光・風力発電の投資物件はタイナビ発電所へ。
特に人気のある物件は会員様限定のご案内です。

※会員限定物件が多数あります。

固定価格買取期間の残りが何年あるのか確認する

中古の場合は、どうしても固定価格買取期間が新築よりも短くなってしまいます。固定価格買取期間が終わるまでに、十分な利益が得られるのかを検討する必要があるのです。

廃棄費用の積み立て義務が始まる時期もチェック

また、廃棄費用の積立についても考慮しなければなりません。

廃棄費用の積立は、2022年7月頃から第三者による徴収などの積立制度が始まる見込みです。すでに稼働している案件も積立制度の対象で、源泉徴収のような形で費用を支払う仕組みになる予定です。

徴収が始まる時期は、稼働を始めてから10年目の年からとされています。FIT期間が終わるまでにわたって行われます。ただ、FIT価格は廃棄費用の捻出も織り込まれているので、単純に負担が増えることではありません。

積み立てた廃棄費用は、実際に廃棄する段階になったら使えるようになります。固定価格買取期間が終了してからも売電するのか、再び売却するのか、廃棄するのかを検討しておくといいでしょう。

太陽光発電システムの保証期間や保証内容を確認する

中古物件を検討する際には、保証期間や保証内容を確認することも忘れてはいけません。太陽光発電システムのメーカー保証期間は、多くの場合は10年間に設定されているのが一般的です。

残りの保証期間が短くて不安な場合は、追加料金を支払えば15年に延長できるメーカーもあるので、検討段階で確認しておくと良いでしょう。

近年は自然災害による太陽光発電所の被害も増えています。中古物件を安心して運用するために、災害に備える火災保険や、賠償責任に備える賠償責任保険などもあるので、加入を検討することをおすすめします。

メーカー保証だけはNG? 産業用太陽光発電の損害保険を徹底比較!

固定価格買取期間(FIT期間)が終了した後はどうなる?

中古の太陽光システムを購入する場合、固定価格買取期間(FIT期間)が終了した後はどうすればいいのかが気になるところです。ここでは、FIT期間の終了後の対応について、あらかじめ検討しておきたいポイントを解説します。

FIT期間が終了した後も売電できる見通し

投資用の太陽光発電は、FITが終了した後も売電できると考えて良いでしょう。

住宅用太陽光発電のFIT期間は10年で、すでに買取期間を終えた「卒FIT」の設備が出はじめています。このような卒FITをターゲットにした電力会社の買取サービスが続々と始まり、売電できなくなるという懸念は払拭されたのです。

全量売電の太陽光発電にも、同じ流れが起こるでしょう。

国の懸念は「FIT切れで撤退されること」

国は、2030年までに発電量の22~24%を再生可能エネルギーにする意向です。太陽光発電は、再生可能エネルギーのなかでも期待されている分野です。FIT期間が終わることで発電事業が終了してしまう事態を、国は以前から懸念していました。

自家消費を前提としない投資用太陽光発電が売電先を失えば、発電事業は終わるしかありません。つまり、ここまで増加した発電所を卒FITで売電させない道理はないというわけです。

FIT期間終了後も売電を続ける場合は維持費に注意

FIT期間が終了した後に売電を続ける場合は、太陽光発電システムの維持費について注意しなければなりません。維持費として、メンテナンス費用やパワーコンディショナの交換費用を考慮に入れましょう。

パワーコンディショナの寿命は、およそ10~15年とされているため、運用期間中に一度は交換する必要があります。稼働から10年目が近い中古物件は、パワコンのメンテナンス状況を確認しましょう。

太陽光発電所で壊れやすいのはパワーコンディショナ

パワーコンディショナは、太陽光発電システムで発生した直流電力を交流電力へ変換しつづけるため稼働時間が長く、太陽光パネルよりも寿命が短くなってしまうのです。しかし、適切なメンテナンスを施せば、寿命はもっと長くなるともいわれているのです。

太陽光パネルの寿命は20~30年程度といわれていますが、30年以上発電を続けられる可能性もあります。長寿命の設備の事例もあるので、一概に寿命を決めることはできません。長期間の運用を目指すなら、メンテナンスなど一定の維持費がかかることも念頭におきましょう。

発電所を売却する

投資として十分利益を得たタイミングなら、発電所を売却して処理するという方法も検討してみましょう。発電所の売却には、土地だけを売却する方法と、太陽光発電施設ごと売却する方法があります。

施設を土地ごと売却すれば、売電の権利も渡すことになりますが、それ以外の費用は問題にならないでしょう。

土地だけを売却する場合は、太陽光発電システムを撤去するための費用がかかるという点に注意が必要です。撤去費用については購入する業者によって対応が異なり、買い手が自費で撤去するケースもあります。

産業廃棄物として処理する場合は、運搬や処分をするための費用がかかります。状態のよい太陽光パネルなどの機器は、買取サービスをしている業者もあることも押さえておくといいでしょう。

土地付き太陽光・風力発電の投資物件はタイナビ発電所へ。
特に人気のある物件は会員様限定のご案内です。

※会員限定物件が多数あります。