太陽光発電の遠隔監視システム 4社の機能・料金を比較

今や太陽光発電と遠隔監視装置は切っても切れない関係です。とはいえ、耳慣れない言葉と感じる人もまだ多いことでしょう。そこで、4社の遠隔監視システムについて、特徴の解説や比較をしました。

最終的に自分にあった遠隔監視装置を選べるように紹介していきます。

土地付き太陽光・風力発電の投資物件はタイナビ発電所へ。
特に人気のある物件は会員様限定のご案内です。

※会員限定物件が多数あります。

遠隔監視システムは太陽光発電の長期運用に欠かせない

太陽光発電の遠隔監視装置とは、太陽光発電による発電量を、常時チェックするシステムです。パソコンやスマートフォン、タブレットなどの端末で、いつでもどこでも確認できます。

k

遠隔監視装置は常に発電量のデータを取っているため、太陽光発電の発電量を左右するような異常があれば、すぐに気付くことができるのです。異常が発見された場合は、メールやWEBを使って通知されます。

この通知が発電事業者本人だけではなく、施工店やメンテナンス会社と共有されるようにサービスを契約しておけば、迅速な対応を取ることも可能です。

太陽光発電は長期運用ゆえのトラブルがつきものです。発生したトラブルに気付かず、本来の発電量が得られない状態を放置することは、最も避けたい状況です。売電機会を逸失し、収入のロスをなくすためには、トラブルを早期に発見して対処する必要があります。

そのため、太陽光発電の状態を常に見張っている遠隔監視装置は、もはや長期運用には欠かせないシステムとなりました。ただし、遠隔監視装置を設置する初期費用とサービス利用費のほか、通信費や電気代などのランニングコストがかかる点には注意が必要でしょう。

遠隔監視装置の監視方法は2種類ある

太陽光発電システムの.遠隔監視装置には、2種類の監視方法があります。ここではCTセンサーという計測器やパワーコンディショナを使って監視する方法について説明していきます。

CTセンサーによる計測で監視する方法

「CTセンサー」で監視する方法では、パワーコンディショナから電力系統へ送電するための電線に取り付け、電流値や発電量を計測します。ここでいう「CT」は電流量を測定するための端子で、CTセンサーとは測定器のことです。

【メリット】

  • 価格が手ごろである
  • 機器の設置が比較的簡単にできる
  • センサーが対応できる容量の範囲内ならパワーコンディショナのメーカーを選ばない

【デメリット】

  • 取得できる情報は多くない
  • 1台のセンサーで複数台のパワーコンディショナを監視する場合は1台ごとのエラーの監視はできない
  • 異常時に原因の特定が困難になる場合もある

CTセンサーの代表的な装置には、エコめがねの「全量モバイルパック」があります。

パワーコンディショナとの通信で監視する方法

もうひとつは通信機能付きのパワーコンディショナと「RS-485」などの方式で通信し、さまざまな情報を得る方法です。

RS-485は通信規格の種類で、電子機器間のデータ通信を低遅延で行うことができます。リアルタイム制御に向いているため、産業機器での利用が多いのが特徴です。パワーコンディショナとの通信で監視する方法について、メリットやデメリットを押さえておきましょう。

【メリット】

  • 回路ごとの発電量など多くの情報が得られる
  • 万が一発電が停止した際は原因の把握や予測も可能になる
  • パワーコンディショナの稼働や故障の状況も監視できる
  • 現状の発電状況だけでなく今後も問題なく発電していけそうか知る手掛かりにもなる

【デメリット】

  • CTセンサーで計測する方法よりも導入費用が高い

パワーコンディショナとの通信で監視する方法の代表的なものには、「みえるーぷ」があります。

遠隔監視システム4社を比較!特徴・料金・異常発生時の対応法は?

遠隔監視システム比較

遠隔監視装置をあつかっているメーカーは数多くありますが、ここではその中でも代表的な4社に絞って比較していきます。各メーカーの遠隔監視装置の特徴や監視の単位、サービス内容や利用料などを紹介しましょう。

項目ひだまりeyesエコめがねみえるーぷコンテックソーラー ビューコンパクト
対応容量低圧50kW未満50kW未満低圧~高圧システムまで対応可能50kW未満
装置本体価格198,000円
(税別)
オープン価格オープン価格
年間使用料36,000円
(税別)
なし30,000円
(税別)
なし

エコめがね

この段落では遠隔監視サービス「エコめがね」の概要や料金、特徴、異常発生時の対応法について説明していきます。

「エコめがね」とは?

「エコめがね」はNTTスマイルエナジーが提供する遠隔監視サービスで、対応容量は50kW未満です。複数の機種があり、パワーコンディショナ接続タイプとCTセンサーによる計測のタイプの両方があります。

対応機種は限られますが、遠隔監視機能以外にも対応するパワーコンディショナの出力制御ユニットとして機能するタイプもあります。

エコめがねの料金

エコめがねの価格はオープン価格です。販売会社が販売を請け負っているので、販売店によって料金が異なります。導入前には複数の販売店で料金を比較しましょう。

エコめがねには、機器の購入代金と10年間のサービス利用料、機器保証料金、10年間の3G/4G通信回線料金が含まれた「10年プラン」というものがあります。たとえば、発電所のパワコンがオムロン製なら30万円程度です。

10年プランとは別に、利用料金を月々支払う「レンタルプラン」を選ぶこともできます。最短利用期間は12カ月で、機器レンタル代金、エコめがねサービス利用料、3G/4G回線料金が含まれて、初期費用無料で導入可能です。

エコめがねの特徴

エコめがねは販売会社とのデータ共有も可能なので、発電状況を見守ってもらうこともできます。スマートフォンなどの端末からいつでも発電量や売電金額を確認でき、メール受取を設定すれば、ログインする必要もありません。

発電量などの状況を毎月レポートしてくれる機能では、ほかのユーザーとの比較もできるため、その数値を参考に改善点を考えることができます。発電量の低下があった月はメールで知らせてくれるので、低下の原因を探すきっかけになり、異常の発見に役立つでしょう。

発電停止やパワコン停止、通信停止、発電量低下といった異常発生時は、当日中にアラートメールが届きます。

みえるーぷ

ここでは、「みえるーぷ」の概要について説明していきます。必要な料金の目安や特徴、異常発生時の対応法について詳しく紹介しますので参考にしてください。

「みえるーぷ」とは?

「みえるーぷ」は、電力小売事業(Looopでんき)や太陽光発電所システムの販売などを行う株式会社Looopの遠隔監視装置です。

Looopは全国2500ヶ所以上の太陽光発電所の設置に携わってきました。低圧から高圧システムまで対応可能で、パワーコンディショナと直結してRS-485で通信するタイプです。みえるーぷの消費電力は5.0VA(5.0W)です。

基本的にはパワーコンディショナごとの監視となりますが、一部の機種ではストリング監視も可能になります。

「ストリング」とは太陽光パネルを直列でつないだブロックのことです。モジュール単体で監視するよりも緻密性は劣るものの、コストを削減できるというメリットがあります。

みえるーぷの料金

低圧から高圧システムまで対応できる遠隔監視装置、「みえるーぷ」の本体価格はオープン価格となっています。

一例を紹介しますと、楽天の公式ショップでの販売価格は24万8000円(税別)。年間の利用料金は、通信費込みの3万円(税別)です。

一般的に導入費用が高いといわれている、パワーコンディショナと通信するタイプでありながら低コストといえるでしょう。

みえるーぷの特徴

小規模発電所からメガソーラーまで同じ料金で利用できます。遠隔監視装置1台で監視できるパワコンの数が多く、一部の機種をのぞき30台までの監視を保証しているのも特徴です。

パソコン、タブレット、スマートフォンなどの端末から情報のチェックができ、毎日22時頃に発電量を記した日報メールが送られてきます。異常に気が付きやすい体制のため、売電ロスを最小限に抑えることができるでしょう。

パワーコンディショナの機種が2種類混在の場合でも、オプションを使うことで遠隔装置1台で対応可能です。気象センサーとの連携や監視カメラのオプションもあり、異常発生時はアラートをメールとWebページの両方に送ってくれます。トラブル時の駆けつけサービスは、同社が提供する「まもるーぷ」で対応していてセット販売もあります。

ひだまりeyes

「ひだまりeyes」は、太陽光発電の販売・施工を行っていた会社が開発・販売しています。対応容量は低圧50kW未満、遠隔監視装置の本体価格は198,000円(税別)で、年間使用料は(低圧一区画)36,000円(税別)です。使い勝手を第一に、シンプルで低コストの装置を目指して開発されました。

特徴は、遠隔監視装置が監視できるパワーコンディショナの台数が多いことと、管理システム画面がシンプルで見やすく、一度のログインで複数の発電所を一括管理できることがあげられます。

監視カメラ設置のオプションにも対応しています。監視する方法はRS485通信方式で、パワコンに直結してさまざまな情報が取得できるため、誤差が少なく精度の高い方法です。監視の単位はパワコン単位で、遠隔監視装置の消費電力は最大1000mAとなっています。

万が一発電所で不具合が発生した時は、アラートメールの送信にて知らせてくれます。アラートメール送信のタイミングは、異常発見後の午後1時です。

コンテックソーラービューコンパクト

遠隔監視装置の価格はオープン価格です。公式ショップでは16万5000 円(税込)で販売されています。

コンテック社オリジナルの遠隔監視装置で、故障を知らせるメールや定期報告メールなど、機能が充実しています。ソーラービューコンパクトが使えないパワーコンディショナには対応していませんが、それでも20社100種類以上のパワーコンディショナには対応しています。

監視する単位はRS-485通信方式によるパワコン単位で、異常時には登録しておいたアドレスにメールを送り知らせてくれます。Webでは、異常の履歴やパワコンのステータスなども閲覧できるので便利です。

コンテック社は30年以上にわたって産業用コンピュータを製造してきた会社で、制御機器やネットワーク機器も展開しています。画像出力インターフェースを搭載していて、大型表示器へのスライドショー表示ができるため、複数人で発電状況を確認したり、異常への対応を協議したりする際に活用できます。

土地付き太陽光・風力発電の投資物件はタイナビ発電所へ。
特に人気のある物件は会員様限定のご案内です。

※会員限定物件が多数あります。

太陽光発電の遠隔監視装置のユーザー評価を参考にしよう

遠隔監視装置をすでに導入しているユーザーは、対応容量や監視する単位、データ計測の頻度や正確さ、異常発生時の対応や利用料などを主に評価の基準としています。

いろいろな意見がありますが、多くのユーザーが共通して感じていることは、次のようなことです。

太陽光発電の遠隔監視装置に必要な機能は、発電量が正確に分かること

精度は重要な要素で、エコめがねは、実測値との誤差が1%以下という精度の高さが支持をあつめています。使い勝手や精度などの部分にも満足している人が多いようです。

操作や管理画面がシンプルなものが良い

遠隔監視システムを設置した人は、まめにデータを確認する傾向にあります。

当サイトが実施した遠隔監視システムのユーザーアンケートによりますと、週に数回以上操作している人が多くありました。発電所のトラブルが心配である以上に、収入が可視化されるようで見るのが楽しいといった声があがっています。

複数の発電所に設置した遠隔監視システムのデータをスマホアプリでまとめて管理する人も多くいます。

太陽光発電の遠隔監視装置を選ぶ基準は?総合的な情報をもとに判断しよう

太陽光発電の遠隔監視装置を選ぶ際には、データを参照するのももちろん効果的ではありますが、すでに利用している人からの、各会社の口コミを総合的に見ることで、より良い判断が可能になります。

太陽光発電の遠隔監視装置は、多くの会社から販売されていて、あまりにも多い選択肢を前に、どれを選んでいいか迷うことになるでしょう。その中でもNTTスマイルエナジーが提供する「エコめがね」が、遠隔監視装置としてポピュラーです。操作に専門的な知識を必要としない簡単さを兼ね備えています。

最後に、遠隔監視システムを選ぶ上での重要事項をまとめておきましょう。

  • まめに見たくなる簡単な管理画面
  • メンテナンス会社との情報共有サービス
  • 高精度データ収集

土地付き太陽光・風力発電の投資物件はタイナビ発電所へ。
特に人気のある物件は会員様限定のご案内です。

※会員限定物件が多数あります。