分散投資とは

投資のリスクをできるだけ低くするには、分散投資が有効である。分散投資とは、投資する資金を複数の商品に分散させる投資手法のことだ。

分散投資に用いる投資商品の組み合わせには、さまざまなものがある。金融市場に大きく影響されるもの、そうでないものなど、投資商品の特徴を踏まえて投資先を選択したいところだ。

この記事では、分散投資の考え方や仕組みについて解説するとともに、分散投資先として使える投資商品について紹介する。

基本を知る!分散投資の仕組みや考え方

単に投資先を分散しただけでリスクが低くなるわけではない。効果的にリスクを軽減するためには、分散投資の基本を知ることが必要だ。ここでは、分散投資の仕組みや考え方について解説していこう。

分散投資はリスク軽減のための手段

全ての資金を一つの株式や通貨、不動産などに集中して投資した場合、その価格が下落すると損失がとても大きなものとなってしまう。

このようなリスクを減らすために、投資先をいくつかに分ける投資手法が分散投資である。

分散投資は主に株式や通貨などの金融商品に用いられる手法だ。一つの株式銘柄や一つの通貨に限定して投資すると、どうしてもリスクは高くなってしまう。投資した会社の業績や通貨を発行する国の経済状況などによって、価格が大きく下がる可能性は否定できないのだ。

そこで、複数の銘柄や通貨に投資する分散投資が推奨されているのだ。

しかし、株式や通貨などは連動して下がることも多いため、複数の銘柄に投資してもリスクの軽減は限定的といえるだろう。

そこで、複数の商品に分散して投資すると、よりリスクを回避することが可能だ。たとえば、債権や為替、不動産、太陽光発電など投資する商品をまったく別のものにすれば、1つの商品の価格が下がっても大きなダメージを受けることはないだろう。

分散投資のコツをつかんで効率よく稼ごう

投資リスク

分散投資を行う際には、リスクとリターンが同じ動きをする投資先を選ばないことが重要である。つまり、同じ値動きをする商品を選ばないことがポイントなのだ。

特に金融商品は、為替・株価の変動に影響されやすいという特徴がある。そのため、商品の種類を多少変えたところで、似たような値動きになる傾向が強いのだ。

このような場合、分散投資したつもりでも、リスク軽減の効果を得られない結果になってしまう。

分散投資をする際は、投資商品にどのようなリスクが考えられるか、そのリスクを抑えるための別の投資先はどれが最適かを考えて、複数の投資先を選択するのがコツということだ。

たとえば、投資先の一つが株式であれば、それと異なる値動きをするのは太陽光発電だ。太陽光発電の収入は「固定価格買取制度」で、電気の売値が一度決まれば20年間はそれが維持される。為替変動に影響されないのだ。

変動性があってハイリターンを狙える株式と、金融市場から距離があるところでローリターンを狙う太陽光発電投資。このように、異なる値動きをする投資商品を、分散投資先に選択するのがよいだろう。

分散投資に太陽光発電が最適である3つの理由

為替リスクに太陽光発電

分散投資に適した投資先として、先に太陽光発電を挙げた。太陽光発電投資は、電気を電力会社に売却することで収益を上げる投資法だが、他の投資法にはない大きな魅力があるのだ。

ここでは、分散投資に太陽光発電がおすすめな理由について紹介していこう。

再エネ電気の需要が高い

太陽光発電を勧める理由として、再生可能エネルギーに対する需要が高いことが挙げられる。稼働する原発が減ったこともあり、火力発電に対する依存度が高まっている。これは、温室効果ガスであるCO2の排出を減らそうとする流れと逆行するものだ。

さらに、火力発電に必要な化石燃料は海外依存度も高いうえに、価格が高騰するリスクもある。そこで注目されているのが、太陽光発電などの再生可能エネルギーだ。

日本政府は、太陽光発電などの再生可能エネルギーを主力電源とする方針を打ち出しており、投資家による再生可能エネルギーへの投資を後押しする「固定価格買取制度」を導入した。

2030年には再生可能エネルギーの比率を22~24%にすることを目標としており、これを達成するためにも太陽光発電に対する需要は高まっているのだ。

太陽光発電にはFIT(固定価格買取制度)がある

太陽光発電が他の投資商品と異なるのは、FIT(固定価格買取制度)があることだ。FITとは、発電した電気を電力会社が20年間、同じ価格で買い取ることを約束する制度である。

20年間の長期に渡って同じ金額で電気が売れるというのは、投資家にとって大きな魅力だ。株式や不動産など他の投資法では、20年先までを見通すことはできない。しかし、太陽光発電は20年後の収入も保証されているのだ。

そのため、太陽光発電は他の投資法と違って長期的な収支シミュレーションが可能である。株式や為替のように景気動向によって価格変動することもないので、安定した収益を見込めるのだ。

太陽光発電なら投資でもローンが使える

一般的に投資用の資金を銀行などから借り入れするのはむずかしい。たとえば、株式やFX投資は自己資金が原則であり、銀行から借りることはできない。

不動産投資は担保となる不動産があるため融資を受けることも可能だ。しかし、ほとんどの投資商品は事業計画を立てることもできないため、ローンを利用できないのだ。

しかし、太陽光発電投資の場合は、固定価格買取制度によって長期的な収支の見通しが明らかであるため、ローンを利用できる。不動産のような空き室による無期限の無収入リスクもないので、返済に苦慮し続ける可能性も少ないのだ。

分散投資先には太陽光発電を選ぶのがおすすめ

投資のリスクを下げるための分散投資は、投資先の組み合わせをしっかりと検討することが大切である。

投資先として選ばれやすい金融商品は、為替・株価変動に影響されやすいという特徴を持っているため、複数の金融商品に分散投資してもリスクは分散されないので注意が必要だ。

分散投資を行う際には、同じような値動きをしない商品を投資先として選ぶことが重要になる。そこで、特におすすめな投資先が今回紹介した太陽光発電だ。

投資用の太陽光発電は、土地と発電システムがセットで購入できるものもある。初期費用や利回りが明らかな状態の物件から選べるので、投資資金に合うものが見つかるはずだ。

まずは実際の物件を見て、どういう投資商品なのかをチェックしていただこう。タイナビ発電所は無料で投資用物件を検索できる。平均利回りが10%を超える点に注目だ。

土地付き太陽光・風力発電の投資物件はタイナビ発電所へ。
特に人気のある物件は会員様限定のご案内です。

※会員限定物件が多数あります。