アパートvs分譲ソーラー | 土地付き太陽光発電・風力発電の投資物件サイト『タイナビ発電所』

最新ニュース 【お知らせ】Webサイトリニューアルのお知らせ

会員ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードをお忘れの方はこちら

無料会員登録

土地付き太陽光発電 VS アパート投資

土地付き太陽光発電が投資対象として一般的によく比較されるのが、アパートやマンションなどへの不動産投資です。ここでは、いま注目を集めている土地付き太陽光発電への投資が、いかなる点で不動産投資より優れているのかをさまざまな角度から検証します。



ここがすごい!太陽光発電

その① 空室のリスクがない

     

不動産投資の場合に必ず必要となってくるのが、入居者です。入居者が見つからず空室のままであれば、当然ながらその期間は収入を得ることができません。しかし、太陽光発電の場合は太陽が出ている間は必ず発電をしてくれますので、安定した収益を見込むことができます。



その② 入居者とのトラブルがない

     

太陽光発電には不動産物件と違って入居者がいませんので、入居者とのあいだで起こるさまざまなトラブルに巻き込まれることもありません。



その③ 大規模な修繕費の必要がない

     

不動産物件は5年、10年と年を経るごとに、必ず大規模な修繕が必要になってきます。一方、太陽光発電設備の場合は定期的なメンテナンスをきちんと行なっていれば、それほど大きな修理が発生することはありません。修繕費という面からみても、太陽光発電のメリットのほうが大きいといえます。



その④ 固定資産税が不要

     

太陽光発電設備は、不動産物件ではないため固定資産税が必要ありません。反対に不動産物件の場合は規模にもよりますが、年に20万円〜100万円ほどの固定資産税が必要になりますので、その差は大きいといえるでしょう。



その⑤ 利回りが高い

     

不動産物件の場合の利回りは、都内23区の新築でおよそ6%〜7%程度、地方都市で9%ぐらいだといわれています。一方、太陽光発電の場合は10%前後の利回りが想定されていますので、利回りという点からみてもメリットがあります。



その⑥ 節税メリットが大きい

     

不動産物件では建物部分を減価償却が可能なように、太陽光発電設備も減価償却が可能です。さらに、グリーン投資減税の適用によって、初年度100%を即時償却することもできます。節税対策という意味でもメリットが大きいのが太陽光発電です。



その⑦ 家賃下落の心配がない

     

太陽光発電によって発電された電気は『固定買取制度』によって平成25年度から20年間は、37.8円/kWhでの買い取りが義務づけられています。つまり、不動産物件でいう「家賃」が下落する心配がないということです。そのため、太陽光発電は安定した収益が見込まれる投資商品となっています。





土地付き産業用太陽光発電・風力発電に投資するなら、国内最大級の投資物件サイト『タイナビ発電所』
Copyright ©タイナビ発電所 All Rights Reserved.