1000万円以上即時償却! 儲かる最新節税商品

中小企業向けの税制優遇を活用した投資方法で、本年度の利益圧縮と長期的な収入を両立することができます。

例えば、節税できる投資先として知られていたのは太陽光発電投資です。発電に使う機械設備などの償却資産の購入費用や、購入した資産を発電に使うために直接かかった費用を即時償却して高額な利益圧縮に活用されていました。しかし、太陽光発電の即時償却は、グリーン投資減税や経営力向上計画の終了とともに使えなくなっています。

太陽光発電に代わる、中小企業が節税しながら収益化できる投資先は、2018年時点で2つ存在します。

ここでは、100%即時償却と収益化を同時に叶える、中小企業が始めるべき投資先の「コインランドリー」と「マイニングファーム」をご紹介します。

中小企業の投資に使える税制優遇についておさらい

中小企業の税制優遇には、2017年4月より始まった「中小企業投資促進税制」と、新設の「中小企業経営強化税制」があります。このうち、投資にかかる費用を100%即時償却できるのは、「中小企業経営強化税制」です。

中小企業経営強化税制は、中小企業の稼ぐ力を向上させる取り組みを支援するための制度です。この税制を使うと、事業に使う設備投資の強力な後押しになります。

中小企業経営強化税制は、従来の中小企業投資強化税制にあった上乗せ措置(先端設備、生産ライン等の改善に資する設備に対する即時償却あるいは税額控除)にあたります。中小企業投資強化税制は、特別償却と税額控除のどちらかを選んで使えますが、即時償却はできません。

中小企業投資強化税制と中小企業経営強化税制の違いをまとめました。

100%即時償却 税制優遇を適用するための認定
中小企業投資促進税制 なし 不要
中小企業経営強化税制 あり 必要(中小企業等経営強化法の認定)

ここで紹介する投資は、中小企業経営強化税制の即時償却を利用します。中小企業経営強化税制が使える企業と対象設備は、以下のとおりです。

適用期間:2019年3月31日までに取得し、事業の用に供したもの

対象者:青色申告する中小企業者等(個人事業主・資本金3000万円以下の企業・資本金3000万超1億円以下の企業)

対象設備:事業に使うための機械装置・器具備品・建物附属設備

中小企業経営強化税制でできること

  • 100%即時償却もしくは税額控除
  • 低金利で融資が引ける(日本政策金融公庫)
  • 固定資産税が3年間半額になる(固定資産税特例)

即時償却と固定資産税が中小企業経営強化税制を使うには、中小企業等経営強化法の認定が必要です。機械設備の性能などに定められた税法の要件を満たす必要があり、設備を取得する前に認定を受けなければなりません。

投資を始めるときは、投資商品の販売事業者や税理士に相談しながら手続きを行ってください。

経営力向上計画策定の手引き 中小企業庁

100%即時償却で収益を生み出す! 中小企業が注目すべき投資先

ここからは、中小企業経営強化税制の税制優遇が使えて収益化できる、コインランドリーとマイニングファーム投資について解説いたします。

コインランドリー 《家事代行の成長市場》

コインランドリー投資

コインランドリーは、基本的に無人の店舗に洗濯機や乾燥機を設置しておくだけの投資方法です。女性の社会進出が拡大傾向にあるなか、ライフスタイルの変化から家事代行サービスのニーズが広がっています。コインランドリーは、洗濯と乾燥にかかる時間を短縮できる低価格サービスとして、単身者や帰宅時間が遅い人などが活用するようになっています。

コインランドリー経営で副業しよう! 時代の流れにマッチする安定の投資先

特に高価な洗濯機や乾燥機などの機械設備が、100%即時償却の対象になります。

メリット

  • 景気に左右されにくい
  • 現金商売であり、在庫を持たない
  • 管理を外注できるので人手がかからない
  • ローリスク・ローリターン

デメリット

  • 初期費用が高額(機材の代金が償却対象)
  • 大金を稼ぐには不向き
  • 最も重要な立地の選定に深い知識と労力が必要

個人で出店することもできますが、管理業務や用地の選定を代行してもらえるフランチャイズでの出店が全国的に広がっています。フランチャイズを利用する場合、全体の償却率は約70%になります。

マイニングファーム《1000万円以上の100%即時償却》

マイニングファーム投資

近年、何かと話題の仮想通貨投資ですが、今や世界的な一大市場になりつつあります。その中でも「マイニング」という分野が、大手企業も参入するほど注目を集めています。

マイニングとは、仮想通貨を取引した履歴をコンピュータを用いて記録し、報酬として仮想通貨を獲得するというものです。マイニングを事業として行うにあたり、特別な資格や事業参入の手続きは必要ありません。

そして、マイニングに使うコンピュータは機械装置にあたりますので、中小企業経営強化税制の100%即時償却が使えます。

マイニング事業には、以下のメリットとデメリットがあります。

メリット

  • 1000万円以上の機械設備を100%即時償却できる
  • 採掘したコインの売却タイミングによっては利益が増大する
  • 採掘用の機材は実物資産になる
  • 管理業務を代行してもらえば人件費がかからない

デメリット

  • 高額な機材の購入など初期費用がかかる(100%即時償却の対象)
  • 採掘したコインの売却タイミングによっては利益が減少する
  • 業務用(高圧)の安い電力を使わなければ採算性が悪い
  • 埋蔵量が決まっているコイン採掘は出遅れた人が不利になる

ただし、コンピュータで大量の計算を一日中続けると、排熱や騒音が問題になります。電力も、家庭や小規模事業用の低圧電力では単価が高いために採算が合いません。利益を上げるため単価の安い、事業用の高圧電力を引き込む必要があります。

そこで、マイニングを事業として行うときは、電気が安く使えるエリアにマイニング機器を集約して工場(ファーム)を作ることが一般的になっています。2018年2月にDMMが、1000台規模のコンピュータを用いた大規模なマイニングファームの運営を開始しました。

中小企業でこれほどの規模のマイニングファームを保有するのは難しいです。そこで注目するべきは、大規模なマイニングファーム事業者が中小企業や個人を対象に小口投資を募集するケースです。この投資形態は、大規模マイニングファームの一区画を買うイメージです。マイニング機器の初期設定などに手間がとられず、管理業務を全て代行してもらえるのが強みです。

税制優遇で稼げる投資を始めるチャンス

即時償却する金額が多ければ、その年の法人税を支払わずに高額な設備投資ができます。ただし、利益圧縮効果は投資を始める1年目だけで、2年目以降は機材などにかかる法人税を支払う必要があります。最終的な法人税の支払額は、即時償却をしなかった場合と変わりません。

法人税の支払いが少ないうちに投資を行えば、長期的な収入が増やせます。会社の先を見据えて、税制優遇を活用した投資を始めましょう。

土地付き太陽光・風力発電の投資物件はタイナビ発電所へ。
特に人気のある物件は会員様限定のご案内です。

※会員限定物件が多数あります。