太陽光発電投資の詐欺を避ける方法

太陽光発電投資は、国がクリーンエネルギーを推進していることを背景に拡大してきた。固定価格で電力を買い取る稀有な制度があることから、収入計画が立てやすい投資先として需要は尽きない。

一方で、注目度の高さを逆手にとった詐欺も存在している。実際に被害が出ており、無用な投資リスクを高めるという問題点もあるのだ。

安心して太陽光発電投資ができるように、ここでは詐欺の手口と、被害に遭わないための注意点などを解説していこう。

なぜ太陽光発電の詐欺が横行するのか?

そもそも、なぜ太陽光発電関連の詐欺が横行するようになってしまったのか。その理由を簡単に説明しよう。

長い歴史を持つ太陽光発電は、すでに自然エネルギーを利用した発電方法としてはメジャーなものになっている。実際に街中でソーラーパネルを見かける機会も多く、実際に自宅で太陽光発電を始めている人が増えていることを実感できるのではないだろうか。

その上、太陽光発電には、一定期間決まった価格で電力を買い取ってもらえる「固定価格買取制度」がある。節電だけでなく収益化もできることを知っている消費者も多いだろう。

しかし、投資としての太陽光発電が一般化したのは2012年からのことで、歴史が浅いのも事実である。太陽光市場の成長速度にノウハウ共有が追いつかなかったことが、投資家に十分な防衛力を養えなかった部分があるのだ。現状は、詐欺師にとってつけこみやすい情報格差があると言えよう。

資産を守るため、まずは危機を察知する知識を身につけていこう。太陽光発電詐欺の手口をご紹介する。

架空の太陽光発電ファンドに投資させる詐欺の手口

太陽光発電関連の詐欺にはさまざまなパターンがあるが、その中の1つが架空の太陽光発電ファンドへの投資を持ちかけるタイプの詐欺だ。

このタイプの詐欺では、架空の太陽光発電所への出資を募り、被害者から出資金を騙し取る。このパターンは太陽光発電所そのものが存在しないため、出資しても配当金はもらえず、出資金も戻ってこない。

本来の太陽光発電ファンドなら、投資者を募った太陽光発電所が建設され、発電が行われた時点から所定の期間を経て出資者に利益が分配されるのだ。

さらに、詐欺にかけるための手口も発達している。架空の太陽光発電ファンドの説明会を開催し、「先着○○名のみ」などと煽るなどして言葉巧みに参加者を契約させる。そして、参加者に高額の手付金を支払わせたら、業者はそのまま逃亡してしまうというのが一連の手口だ。

他にも、実際に存在する投資案件を紹介するものの、契約後に計画倒産して出資金を持ち逃げする手口もある。さらに、実際に存在する案件をダシに使い、全く無関係な詐欺業者が出資金を募って持ち逃げするパターンまであるのだ。

これらの手口から学べることは、太陽光発電所の用地などが実際に用意されている案件だからといって油断は禁物であるということだ。出資先が健全な運営母体であるかを見極める必要があるのだ。

嘘の説明で契約させる詐欺の手口

太陽光発電詐欺の典型的な例として「事実とは異なる嘘の説明で契約をさせる」という手口がある。

この場合、太陽光発電所も建設予定、あるいはすでに建設済みであり、実際に発電も行われる。しかし、契約の前提となる説明が事実とはまったく異なるため、契約させられた被害者は損害をこうむることになる。

わかりやすく具体的な詐欺の流れを紹介しよう。

まず、実際の発電量からかなり水増しした発電シミュレーションを見せて、確実に儲かるような説明をする。さらに、メンテナンス不要で手間がかからないなど、メリットばかりをアピールして事実とは異なる説明をするのだ。

本来、太陽光パネルは、狙った発電効果を出すためには定期的なメンテナンスが不可欠である。これは太陽光発電を導入したことのある消費者には周知の事実だ。

機材の定期的なメンテナンス作業を怠れば汚損や故障により発電効率が落ちるだけでなく、最悪の場合は火災や故障を招く事態にもなりうる。しかし、悪質な業者はそうした説明を一切行わないため、結果として発電機器が使えずに売電ができなくなるなどの損失を被るのだ。

太陽光発電投資は平均利回りが10%程度と高い傾向にあるが、あまりに高い利回りは疑ってかかったほうが良いだろう。

太陽光発電投資の詐欺に遭わないための対策

太陽光発電投資の詐欺対策

こうした太陽光発電投資に関する詐欺に遭わないためには、どのようなことに注意すればよいだろうか。以下に、具体的なポイントを紹介する。

・業者の実態や評判を調べる

まずやるべきなのが、本当にその業者が存在しているのかどうかを確認することだ。住所が実在するか、法人登記されているかどうかといった点を調べよう。また、これまでの実績や利用者の口コミなどを調べることも大切だ。

・即決を避けて慎重に検討する

たとえ「いい話だな」と思ったとしても即決せず、検討するという慎重さも重要である。最初から一社に絞らず複数の業者を比較して決める、実際に業者と顔を合わせて話をするなど、自分が納得いくまで検討を重ねることをおすすめする。

また、業者の説明を聞いて少しでも疑問に思ったことがあれば、積極的に質問すべきだ。自分でも発電シミュレーションを行い、相手の話の嘘や誇張を見抜けるようにしておくことも大切だろう。

相手を最初から疑い、質問攻めにすることに対して抵抗感を覚えるかもしれないが、太陽光発電への投資額は数百万円〜数千万円という高額な金額になる。安心して出資できるよう、自身でも念入りに調査する姿勢が重要だ。

太陽光発電投資は納得できる業者を見つけよう

本記事でも代表的な手口をいくつか紹介したが、太陽光発電に関連する詐欺は実際に起きており、被害者も出ている。

太陽光発電への投資は高額な金額が動くことに加え、実際の詐欺の手口を知ると、太陽光発電に投資すること自体に消極的になってしまったのではないだろうか。

しかし、太陽光発電そのものは将来性もあり、魅力的な投資先であることも事実。消費者を騙そうとする悪徳業者はごく一部の存在であり、投資に対して第三者的な立ち位置から優良業者を紹介するサービスもある。一部の悪評を聞いて「太陽光発電はダメ」と決めつけてしまうのは、結論を急ぎすぎているといえるだろう。

詐欺的な業者を見抜くポイントはいくつかあり、契約前に注意を払えばトラブルに巻き込まれるリスクは大幅に減らすことができる。状況によってはクーリングオフ制度も使えるため、専門家に相談するなどして解決を図ることも可能だ。

太陽光発電は長期間安定した収益を上げることが期待できるため、投資初心者でも投資しやすいというメリットもある。詐欺のリスクは確かに注意すべきものだが、予備知識を持ち、事前に準備・確認した上で、信頼できる業者と契約すれば詐欺被害に遭わずに投資を行うことができる。

最終的には、投資家本人の責任が問われることでもある。自分でも納得のいくまで調べて信用できる投資先を探すことが大切だ。