風力発電投資は何年で元が取れる?儲かる?利回りは? | 土地付き太陽光発電・風力発電の投資物件サイト『タイナビ発電所』

最新ニュース 【お知らせ】Webサイトリニューアルのお知らせ

風力発電投資は何年で元が取れる?儲かる?利回りは?

風力発電投資を考える場合には、どのくらいの年数で元が取れるのか心配になるでしょう。では、風力発電投資は何年で元が取れるのでしょうか?また、風力発電投資は儲かるのでしょうか?利回りはどのくらいになるのでしょうか?




1.風力発電投資の利回り

風力発電の平成28年度での買取期間と買取価格は、20kW以上の場合は、20年間で1kWあたり22円(税抜き)、20kW未満の場合は20年間で1kWあたり55円(税抜き)にそれぞれなっています。
着目すべきことは、20kw未満の風力発電の場合は、1kwあたり買取価格が55円で、さらに買取期間が20年にもなっていることです。10kw未満の太陽光発電の買取条件とよく比べられます。

しかし、太陽光発電の買取条件は、1kwあたり27円の買取価格で、10年の買取期間になっています。そのため、買取条件では少なくとも、非常に風力発電の方が有利になります。

しかし、儲けは費用を売上から差し引いて計算されます。風力発電の費用が高い場合には意味が全くありません。風力発電を作る費用や年間のメンテナンス費は、作る費用が1kWあたり22万円、年間のメンテナンス費用が1kWあたり0.6万円で計算されます。






●年平均の利回り

この条件をベースに風力発電投資を年平均の利回りを算出すれば、だいたい10%くらいと考えられます。いい条件の年には、20%近くの利回りになる場合もあるでしょう。



●今からは作る費用もメンテナンス費も低下してくる

風力発電は、作る費用がまだ高いことは事実です。作るためのイニシャルコストを回収し、元を取るまでは10年は必要であるとも考えられています。また、風力発電の場合は、太陽光発電に比較すると、故障するケースは多くなるでしょう。

そのため、メンテナンス費が考えている以上に掛かるケースもあります。しかし、風力発電は、近年スタートしたばかりであるため、風力発電の価格競争はこれから本格的になるでしょう。

普通に考えると、これからは作る費用が安くなり、メンテナンス費も低下することが考えられます。そのため、風力発電投資の利回りはさらに良くなって、元は取れるのではないでしょうか。




2.小型の風力発電は次々にメーカーが参入している

太陽光発電の場合は、買取価格がだんだん安くなってきています。大きな儲けを得ることができるにも関わらず、急にマーケットが縮小してきていると太陽光発電の業者の多くが言っています。
買取価格がもともと高すぎたので、儲けがまだあると考えて新しく参入した業者からすれば、損をしたと思っているのでしょう。
このような中において、自然エネルギーで小型の風力発電が着目されています。

風力発電は、これまで作る費用が高く、売電収入がよく分からないなどから、それほど話題になっていませんでした。しかし、最近は様子が少し違ってきています。これまでよりも作る費用が安くなり、マーケットデータが整ってきたため儲けが容易に算出できるようになり、参入するハードルが非常に低下してきています。ここでは、風力発電投資が儲かるかどうかについてご紹介しましょう。



●風力発電の最大の魅力は買取価格が高いこと

風力発電の買取価格は55円(税抜き)です。しかし、風力発電の場合は20kW以上と20kW未満で大きく買取価格が違っているため、検討する場合は注意しましょう。買取価格が55円になるのは、小型の風力発電と言われている20kW未満のもののみです。風力発電が20kW以上の場合には、買取価格は22円(税抜き)になります。

風力発電は、買取価格が高いのみではありません。太陽光発電の場合は、夜や雨の場合は大きく発電量が下がってきます。しかし、風力発電の場合は、夜や雨の場合でも風が吹けば発電ができます。






そのため、太陽光発電よりも容量が小さくて発電量が大きくなります。しかも、太陽光発電のように広い土地は不要です。50kWくらいの太陽光発電と電力量を同じにするには、風力発電であれば40坪くらいの土地であれば可能です。

つまり、少ない容量・狭い土地で発電量が多く、さらに発電した電気が高い買取価格になるのが風力発電投資の魅力です。



●風力発電の今までの問題点

小型の風力発電が、平成26年度に作られたのはわずか5件でした。小型の風力発電は、メリットが多くあるにもかかわらず、発展しなかったのはどのような要因があるのでしょうか?

要因ははっきりとはしていませんが、風力発電は作るところがない、回転する箇所があるのでメンテナンスが大変、価格が高い、適当な商品がない、などが要因として挙げられます。このようなことから本格的に風力発電が発展することは難しく、太陽光発電に比較すると非常にマーケットへ浸透するのが遅いと言えます。



●風力発電が拡大する兆候がある

このような全ての問題が解決されたということでは必ずしもありませんが、問題が多くクリヤーされて風力発電が拡大する兆候があります。まだ、小型の風力発電の品揃えは多くありませんが、投資として十分に元は取れる可能性が非常に高い商品が輸入されています。

このような小型の風力発電投資の場合の儲けのイメージは、年間の平均風速が毎秒6mの場合で、10%くらいの想定表面利回り、10年くらいの回収期間、1500万円くらいのイニシャルコスト、メンテナンス費は全てイニシャルコストに含まれるので無、40坪くらいの土地が必要、条件は周りは150m以内に風をさえぎるものや民家がない、10.4kWの定格出力、12.1kWの最高出力、約25,979kWhの年間発電量、などです。

風速が速い場合には発電量が多くなるため、儲かるようになります。
小型の風力発電については、ネットなどでも紹介しているため興味がある場合は確認してみましょう。
また、風力発電投資に使用できるような土地を持っている場合には、一度風力発電の業者に相談してみましょう。現地を実際に調べてくれて、どのくらい儲かるのかも試算してくれます。






3.日本の小型の風力発電のマーケットの魅力

日本の風力発電のマーケットは、導入量が今から拡大することが考えられているため、海外の多くの企業が参入しています。ここでは、世界の小型の風力発電のマーケットをリードしている話題の企業の日本のマーケットに対する期待と、この企業のマーケット戦略についてご紹介しましょう。



●日本のマーケットへ参入したいきさつ

日本のマーケットに関心を持ったのは、固定価格買取制度のためです。この企業では、小型の風力発電を9300基以上世界で売ってきましたが、日本のマーケットが盛んになってくることを想定し、大量に資金と時間を投資して、マーケットを視察しました。そして、風の状況、人口、経済状況なども土地ごとに掴んで、日本のマーケットの可能性を確認して参入を決めました。

熊本県の天草に、小型の10.4kWの風力発電を2015年に作りました。これは固定価格買取制度を使って売電する小型の10kWクラスの風力発電としては、日本で最初のビジネスでした。この企業は主としてそのままになっている農場や牧場に小型の風力発電を作っており、将来的に400基程度を考えています。



●日本における小型の風力発電のマーケットの予想

世界で比較しても日本の固定価格買取制度の買取価格は非常に高く、非常に魅力があります。風速によっても違いますが、小型の風力発電の日本での投資は、条件によっては元が4年~7年で取れるでしょう。

また、小型の風力発電の場合には、作るための土地の面積も、大幅に太陽光発電より少なくなります。例えば、風速が毎秒6mある土地であれば、20kWの小型の風力発電は13㎡くらいの土地で済みます。

20kWクラスの太陽光発電の場合は土地が200㎡も必要であり、日本のように土地が限られたところでは、小型の風力発電は非常に魅力があるでしょう。




4.小型の風力発電の売電ビジネスは問題ないのか?

小型の20kW未満の風力発電は、固定価格買取制度で55円/kWhの買取価格と自然エネルギーの中で最も高くなっています。このため、利回り・風力発電投資が高いということで、参入したり、購入したり人が非常に多くなりつつあります。

ネットでも分譲の小型の風力発電の宣伝も目につくようになり、多くの会社が参入したり、個人が投資したりする話をよく耳にします。



●投資する規模

条件としては20kW未満になりますが、メインは10kWクラス、20kWクラスで、6基3.2kWを設置して19.2kWというケースもあります。投資する規模は一律ではありませんが、1kWあたり100万円くらいでもともとは考えられていました。

しかし、1kWあたり120万円~130万円に実際にはなっているケースがいくつかあります。この場合は、20kWクラスで投資額は2600万円くらいになります。



●どのくらいの儲けが期待できるか?

太陽光発電の場合には、発電量を予測するためのデータがいろいろ整っており、このデータをベースにして発電量を計算すると、実際の発電量とそれほど違いがないと言われています。しかし、風力発電の場合には、このようなデータは整備されていません。 では、風力発電の場合には儲けはどのようになるのでしょうか?風速の3乗に風のエネルギーは比例することがポイントになります。例えば、2倍の風速になると8倍の風のエネルギーになります。

しかし、8倍の発電量になるということではありません。このため、いい風の状況のところでは、計算上は非常に大きな儲けが期待できます。例えば、20kWの風力発電で2500万円の投資額で、30%の設備稼働率の場合、52560kWhの発電量になり、1年で289万円の売上になります。

この場合は、11%余りの表面利回り・風力発電投資になります。風の状況によっては、さらに大きく儲かる・風力発電ことが期待できるかもしれません。



●高いリスクがあるビジネス

小型の風力発電は、55円/kWhの買取価格と非常に条件がいいため、投資家も業者もこのビジネスに殺到するのでしょう。しかし、風の状況のデータがなければ正しく風を予想できないなどから、高いリスクがあるビジネスということを考えておく必要があるでしょう。




5.まとめ

風力発電投資を考える場合には、何年で元が取れるのか?儲かるのか?利回りはどのくらいになるのか?が1番気になるでしょう。小型の風力発電は次々にメーカーが参入しているので、マーケットの魅力などを参考にしながら判断していきましょう。

投資家様の強い要望もあり、会員登録された方のみに非公開案件をご紹介します。
ご興味のある方は今すぐ会員登録フォームにお進みください。

※案件が発掘され次第のご紹介になります。




会員ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードをお忘れの方はこちら

無料会員登録


土地付き産業用太陽光発電・風力発電に投資するなら、国内最大級の投資物件サイト『タイナビ発電所』
Copyright ©タイナビ発電所 All Rights Reserved.