投資物件選びのポイント | 土地付き太陽光発電・風力発電の投資物件サイト『タイナビ発電所』

最新ニュース 【お知らせ】Webサイトリニューアルのお知らせ

投資物件選びのポイント

土地付き太陽光発電への投資は、20年という長期間にわたるものです。そのため、よりよい収益を長期間確保するためには、チェックしておくべきポイントがいくつかあります。ここではその要点をまとめましたので、契約の前にはぜひ確認するようにしてください。



これだけは見逃せない!物件選びの5つのポイント

ポイント① 実際に現地へ足を運ぶこと

土地付き太陽光発電への投資は、それなりに金額のするものです。そのため一度は現地に足を運び、自分の目で周辺環境を確かめておくことが重要です。可能であれば日の出から日の入りまで残り、土地に影が出来ないかなどの日照条件を確認してください。販売企業ともとことん話し合い、不安は全て解消しておきましょう。
風力発電に関しても、設置場所近くに大型風力発電所がないかどうか?風況が良い場所か必ず確認しましょう。



ポイント② メンテナンス体制は万全か

太陽光発電はメンテナンスフリーではありません。たとえばソーラーパネルに鳥のフンが付着すれば発電効率は下がりますし、地面にソーラーパネルを設置する場合、雑草などが生い茂れば同じく発電効率は下がります。そのため、定期的なメンテナンスが欠かせません。土地付き太陽光発電の販売企業を選ぶ際は、「メンテナンス体制はどうなっているのか」、「遠隔監視器機器が付いているか」ということを確認するのを忘れないでください。20年という長い投資になりますので、メンテナンス体制が万全な販売店との契約がポイントになります。



ポイント③ 防犯対策はどうなってる?

契約する太陽光発電所の場所が、必ずしも自分の住まいから近いとは限りません。そうした場合は、すぐに発電所へ確認に行くとは難しくなります。しかも土地付き太陽光発電の場合はほとんど屋外にあるため、気をつけなければならないのが心ないイタズラや、設備の盗難です。優良販売企業は周りにフェンスや赤外線装置を設置するなど充分な防犯対策をおこなっていますので、契約の前には販売企業に防犯体制についても確認しておくことが大切です。



ポイント④ その土地の日照条件はどうか

太陽光発電は、太陽が照って初めて成立するものです。そのため、発電所の土地の日照条件がどうかも見逃せないポイントです。気象庁をはじめ、インターネット上には日照率を検索できるサイトがいくつかありますので、契約の前には確認しておくことをおすすめします。



ポイント⑤ もしものときの自然災害保険・保証制度は?

20年という長い投資期間の間には、地震や台風などの自然災害の発生が大いに考えられます。そうした事態が起こったとき、「設備が壊れてしまった」というのでは目も当てられません。もしものときを想定し、自然災害保険や機器保証がどのようになっているのかを契約の前には必ず確認するようにしてください。

ほかにも細かいポイントはたくさんありますが、概ねこれら5つのポイントを押さえておけば安心して投資することができます。長い期間、安定した収益を得るためにも、ぜひチェックを忘れないようにしてください。






会員ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードをお忘れの方はこちら

無料会員登録


土地付き産業用太陽光発電・風力発電に投資するなら、国内最大級の投資物件サイト『タイナビ発電所』
Copyright ©タイナビ発電所 All Rights Reserved.